ホーム>屋根修理ブログ>2016年7月

2016年7月

奈良市の屋根瓦工事

先日から工事を行っていた奈良市の塀瓦葺き工事です。

曲がっている部分が数箇所あり、繊細な仕事になるので途中から当社の職人さん一人で工事を行いました。

201677154319.JPG   201677154354.JPG

 棟瓦を葺きます。 棟瓦は南蛮漆喰で葺き、瓦の内側で全てホルマル銅線かステンレスピンで固定します。

 

201677154543.JPG

 塀の角部分です。良く見える部分なので瓦をすり合わせて葺きます。

 

201677154758.JPG   20167715496.JPG

 

20167715504.JPG   

塀瓦の施工後です。

 

 

香芝市の雨漏り修理

今日は香芝市で雨漏り修繕工事を行いました。

原因は谷部分に銅板を使用しており、経年劣化により銅板の一部で穴が開いていました。

 

谷板の穴開きが原因で雨漏りするときは、部屋にかなりの雨が入ります。

かなり前からの雨漏りなので、大工さんと下地木材の確認を行いながらの工事になりました。

幸い下地木材の劣化は思っていたよりも少ない状態だったので、下地木材の補修はせずに

屋根補修工事だけで済みました。

 

20167517731.JPG   20167517752.JPG

 施工前の谷部分です。               銅板の劣化により穴が開いて、雨漏りしていました。

 

20167517857.JPG   20167517917.JPG

 谷板周りの瓦を取り外し、痛んでいる銅板を取り除きます。谷部分に防水下地材を取り付けます。

 

201675171036.JPG

 ステンレス製の谷板を取り付けます。表面は黒色で焼付け塗装しています。

 

201675171149.JPG   20167517129.JPG

 谷板周りの瓦を葺き直します。瓦は南蛮漆喰で調整し、ステンレス釘かホルマル銅線で固定します。

 割れている瓦は新しい瓦に差し替えます。

 

201675171342.JPG   20167517144.JPG

 施工後です。

これで雨漏りは止まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生駒市の屋根瓦葺き替え工事

昨日は生駒市の葺き替え現場で平板瓦葺きを行いました。

晴天で夏の天気になってきました。

20167319144.JPG  20167319237.JPG

 瓦撤去後、防水下地材と新しい瓦を引掛けるための横桟(桧材)を取り付けます。

20167319545.JPG

瓦は桟木に引掛けてステンレスビスで固定します。

お客様の屋根は風の影響を受けやすい場所にあるので、瓦をしっかりと固定していきます。

 

 

 

 

奈良市の屋根瓦工事

5月末に奈良市で屋根瓦葺き替え工事が完工したお客様の家で

塀の取替え工事を行っています。

ブロックの下地ができたので、昨日から瓦葺き工事を始めています。

20167118835.JPG    

 施工前の塀です。全体的に劣化していました。     

20167118948.JPG  20167118610.JPG

新しくできたブロック塀の上に万十軒瓦を葺きます。      棟瓦を葺いていきます。

 

塀瓦は良く見える場所なので、いつも以上に慎重に瓦を葺いていきます。