ホーム>屋根修理ブログ>2016年10月

2016年10月

奈良県の瓦組合行事

奈良県瓦組合が毎年参加している行事で、{奈良まほろば市}に行ってきました。

先日の土日開催で、多くの方で賑わっていました。

瓦組合からは、橿原公苑内にある体育館の一部をお借りして{屋根診断コーナー}・{瓦割り体験}

{粘土を使った型押し体験}を行いました。

 

20161031165620.JPG

土曜日の朝一だったので、まだ空いています。

 

20161031165731.JPG   20161031165810.JPG

瓦割りコーナーと粘土型押し体験コーナーです。  三種類の絵柄の中から選んでいただいて、体験後持って帰ることができます。

 

20161031165913.JPG   20161031165932.JPG

粘土を詰める型枠です。 この中に瓦の素材である粘土を詰めてから粘土を取り出します。

 

 

20161031165952.JPG

取り出した粘土です。乾燥すると右のようになり、少し縮小します。

瓦割りコーナー、粘土型押しコーナーはかなりの賑わいになりました。

私が参加したのは土曜日の午前中だけだったので、他に参加していた組合員さんに

ご迷惑をお掛けしました。

 

 

 

 

奈良市の屋根瓦工事

今年の6月に完工した奈良市のお客様の屋根を、当社施工例に追加しました。

詳しくは施工例をご覧ください。

 

20161028215230.JPG    20161028215255.JPG

施工前です。                        施工後です。

 

生駒市の板金屋根葺き工事

先日から工事を行っていた生駒市の現場です。

 

20161027212456.JPG   20161027212524.JPG

横暖ルーフの本体を葺いていきます。軽い屋根材なので、ビスでがっちりと固定します。ベランダの床を取り外して、ベランダ中へもぐりつつ本体を葺きました。

 

20161027212644.JPG   20161027212710.JPG

棟部分に換気棟の下地板金を取り付けます。  棟板金を取り付けます。

 

20161027212943.JPG   20161027213020.JPG

施工後です。 

お客様から「これで安心できます。」と喜んで頂くことができました。

 

 

 

生駒市の屋根 板金葺き工事

先週から工事を行っている生駒市の現場です。

お客様の屋根瓦は{セキスイ瓦U}を葺いており、この瓦の下にはカラーベストを葺いていました。

現状のセキスイ瓦Uは、ヒビ割れや表面の剥離などの劣化がありました。

 

お客様と打ち合わせを行い、既存のセキスイ瓦Uを取り除きカラーベストを残した状態にして

その上から{横暖ルーフαプレミアム}への重ね葺き工事を行うことになりました。

 

20161025205018.JPG   20161025205043.JPG

施工前です。 瓦のヒビ割れや剥離がありました。

 

20161025205144.JPG   20161025205218.JPG

既存瓦を一枚ずつ取り外します。 瓦を取り除くと、セキスイ瓦U用の防水下地材を葺いていました。

防水材はしっかりしていたので、この上からもう一度新しく裏面粘着性の防水下地材{SEタック}を取り付けます。

 

20161025205538.JPG

雨仕舞いに気を付けながら横暖ルーフを葺いていきます。

 

大和郡山市の屋根工事

先日から工事を行っていた大和郡山市の現場が完工しました。

 

20161024154934.JPG   2016102415509.JPG

棟瓦を固定するための下地木材を取り付けます。       

 

20161024155037.JPG   20161024155235.JPG

木材の両面に防水漆喰を塗り、棟瓦{7寸紐丸瓦}を葺きます。瓦はパッキン付きのステンレスビスで固定します。

 

2016102415536.JPG   20161024155330.JPG

施工後です。

 

 

 

大和郡山市の屋根工事

先日から大和郡山市で屋根瓦の葺き替え工事を行っています。

納屋で燻し和瓦を葺いており、かなりの劣化がありました。

お客様と打ち合わせの上で、屋根瓦の葺き替え工事を行うことになりました。

 

20161020143944.JPG   20161020144659.JPG

築50年ほどの燻し和瓦です。割れている瓦が多くあり、全体的に劣化していました。

 

20161020144134.JPG   20161020144156.JPG

瓦・葺き土・杉皮を取り除きます。              既存の野地板を一部補修します。

 

20161020144323.JPG   20161020144346.JPG

防水下地材と瓦を引掛けるための囲い桟を取り付け、瓦はステンレスビスで固定します。

この状態になると雨の養生ができて、安心できます。

 

 

生駒市の瓦補修工事

先日から工事を行っている生駒市の現場です。

昨日で工事が完工しました。

 

2016108144832.JPG   2016108144854.JPG

棟の積み替え工事が完工しました。

棟瓦は南蛮漆喰で葺き、瓦はホルマル銅線で固定しました。

 

2016108144932.JPG   2016108144955.JPG

谷板入れ替え工事の施工前です。  銅板の劣化で穴が開いていました。

 

2016108145040.JPG   2016108145059.JPG

谷板周りの瓦を取り外します。  新しい板金を取り付ける前に、防水下地材を取り付けます。

 

201610814523.JPG   2016108145224.JPG

ステンレス板を取り付けて、取り外していた瓦を葺き直します。

 

201610814536.JPG

施工後です。

2016108145559.JPG   2016108145411.JPG   

銅板の雨樋が一部外れていたので、新しい銅樋に取替えました。

 

生駒市の屋根補修工事

先日から工事を行っている生駒市の現場です。

以前からのお客様で、今回は雨漏り修繕工事を行っています。

 

2016106234447.JPG   2016106234511.JPG

陶器S瓦の棟瓦積み替え工事を行います。 棟瓦の下地に使用している{葺き土と白漆喰}が痛んでいます。

 

2016106234659.JPG   2016106234724.JPG

下地の葺き土の中から、枯れ木の茎が出ており雨水を吸い込んでいました。 

 

2016106234929.JPG   2016106234947.JPG

棟瓦を取り外し、棟瓦下にあるS瓦の調整を行います。

 

2016106235039.JPG   2016106235055.JPG

棟瓦の葺き土は、施工前に使用していた粘土の土を使わずに{南蛮漆喰}で葺き直します。

工事は明日で完工する予定です。