ホーム>屋根修理ブログ>2016年11月

2016年11月

奈良県の屋根工事店です

長年、現場移動で共にした愛車ボンゴとお別れです。

約10年間乗っていて、かなりの距離数を走っていました。

色々な劣化があり車を乗り換えることになり、少しさびしい気持ちに

なりました。

20161129223715.JPG

長年お世話になったボンゴです。

 

今は新しい車で奈良県中を走っています!

 

 

生駒市の雨漏り修理

生駒市で行った雨漏り修繕工事です。

階屋根の隅棟と陸棟から雨漏りして、天井に雨漏りのシミができており、

お客様と相談し、雨漏りしている原因の隅棟と陸棟の積み替え工事を行いました。

 

20161121194344.JPG   2016112119442.JPG

数年前に屋根の補修工事を行ったようですが、雨漏りの原因を直さずに表面だけの補修を行っていました。

雨漏りしている場合、表面上の屋根修理だけでは雨漏りは止まりません。

 

20161121194520.JPG   20161121194541.JPG

棟瓦を取り外し、棟瓦下にある葺き土を取り除きます。  葺き土が濡れています。

工事着工日の一日前に雨が降ったので、雨漏りしている場所がはっきりとわかりました。

 

20161121194844.JPG   20161121194858.JPG

陸棟を取り外し、新しい瓦を使い棟下の瓦を調整します。

 

20161121195132.JPG   20161121195328.JPG

棟瓦を葺き直します。 瓦は南蛮漆喰で葺き直し、ホルマル銅線で固定します。

 

20161121195428.JPG   20161121195457.JPG

施工後です。 これで雨漏りは止まります。

 

 

 

 

   

 

 

瓦と釘の引き抜き実験(島根県にて)

近畿二府四県の瓦組合・技術委員の代表6名が集まり、島根県の瓦メーカーにお伺いして

一泊二日で瓦と釘の引き抜き試験を行いました。

 

瓦のメーカーさんにも手伝っていただいて(ほとんど段取りしてくれました)、様々な実験を行い

ビックリ!!することもあり、すごく勉強になりました。

 

 

20161112214952.JPG   20161112215014.JPG

島根県にある㈱丸惣さんにお伺いしました。         引き抜き試験の装置です。

 

20161112215219.JPG   20161112215311.JPG

試験台に収まる範囲で瓦を葺きます。瓦の真ん中に穴を開け、ワッカを通し機械を使って真上へ吊り上げます。

実際の屋根上にある瓦が、どのくらいの力を受けた時に、浮いたり外れたりするのかを確認しました。

 

2016111222356.JPG

真上へ少しずつ力を加えていき、釘で固定している瓦がどのくらいの力を受けた時に外れるのかを確認しました。 

外れる時の音はかなりの破壊音でした。

 

2016111222944.JPG

平板瓦の引き抜き試験も行いました。

 

技術委員の方々が、かなり経験豊富で知識もあり、話の内容についていくのに必死でした。

しかし、このように経験豊富な方とお話したり実験を見たりすることが、この組合に入って役員をしている

魅力だなーと感じました。

 

 

 

 

 

軽量化になる、屋根瓦工事

奈良市内にあるお客様の屋根工事です。

お客様とは7年ほど前からお世話になっていて、今回は二階屋根の屋根瓦葺き替え工事を

行うことになり、先日に工事が完工しました。

 

今後も、お客様の健康と屋根について安心できることを、心より願っています。

 

 

201611821484.JPG   2016118214913.JPG

瓦を引掛けるための横桟(防腐処理済み横桟)を取り付けます。  全ての瓦をステンレス釘で固定します。

 

2016118214948.JPG   2016118215711.JPG

棟瓦を固定するための下地木材と防水テープを取り付けます。  棟瓦はパッキン付きステンレスビスで固定します。

 

2016118215731.JPG   

屋根端の袖瓦もパッキン付きステンレスビスで固定します。

 

2016118215811.JPG   2016118215835.JPG

施工後です。

材料:ケイミュー㈱製 ルーガ雅 (モダン・グレー色)

 

 

 

 

 

軽量化になる、屋根瓦葺き替え工事

先日から奈良市内で屋根瓦の葺き替え工事を行っています。

雨漏りがしているのと軽量化のために、お客様と相談の上で

現状の{燻し和瓦}から、{軽量瓦:ルーガ雅}への葺き替え工事を行うことになりました。

 

2016114211041.JPG   201611421114.JPG

施工前です。燻し和瓦を葺いていました。        瓦にはコーキングがびっしりと塗っていました。

 

2016114211132.JPG   2016114211146.JPG

瓦を取り除きます。               瓦下にある葺き土です。かなり多くの葺き土を使用していました。

 

2016114211240.JPG   201611421132.JPG

葺き土の下にある防水下地材です。         防水下地材を取り除き、既存の野地板の確認を行います。

 

2016114211323.JPG   2016114212627.JPG

野地板の劣化がなかったので、現状の野地板の上から構造用合板(コンパネ12mm)を取り付け、防水下地材を取り付けます。

 

この時点で雨養生ができたので、ホッと一安心です。