ホーム>屋根修理ブログ>2016年12月

2016年12月

行灯瓦

近所の神社へ初詣に向かう方に{行灯瓦}のアピールをしようと思い、

以前から家に置いている、カエルとシャチホコの行灯瓦を自宅の横に置きました。

 

2016123117938.JPG

カエルの行灯瓦です。

 

20161231171015.JPG   20161231171033.JPG

台座にLEDライトを入れて、行灯瓦をスタンバイさせます。

 

20161231171247.JPG   20161231171443.JPG

すぐ近くのライトと行灯瓦中にあるLEDライトで瓦を照らしています。

 

今年の夏にあった{なら燈火会}で行灯瓦だけを置いていると、{行灯瓦!}という瓦の感がなかったので、

瓦を内側と外側から照らしてみました。

 

本年もたくさんの工務店さんやお客様にお世話になり、様々なことを経験させていただきました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

奈良県の屋根工事店

10年ほど前からお世話になっている大和郡山市のお客様が苺農家さんで、

毎年の年末にお伺いして苺と手作りのしめ縄をいただいています。

 

2016123018920.JPG

苺が大粒で甘く子供達も喜んで食べています。

 

20161230191438.JPG

三男も苺が好きで、かなり食べます。

今年もありがとうございます!

 

 

燻し和瓦から、ルーガ雅への葺き替え工事

先日から工事を行っていた、奈良市のお客様の門屋根工事です。

母屋を含めて本日で工事が完工しました。

 

20161229234638.JPG

施工前の門屋根です。{燻し和瓦}を葺いていました。

 

20161229234752.JPG

{ルーガ雅}へ葺き替えました。軒先には一文字瓦を使用して、すっきりとした

きれいな仕上がりになりました。

 

20161229234943.JPG

母屋と門屋根の施工後です。

葺き替え前の燻し和瓦(土葺き工法)と比べると、約3分の1ほどの重量になり

かなりの軽量化になっています。

 

完工が年末ギリギリになりましたが、お客様にもご無理を聞いていただいて

ありがとうございました。

 

 

 

瓦のズレ補修

以前からお世話になっている、生駒市にあるお客様の屋根です。

「瓦が落ちてきたので何とかしてほしい!」

という依頼でした。

 

現場へ着いて現状を確認したところ、{のし瓦}の一枚が落ちていました。

 

20161228162011.JPG

一階と二階の間にある、窓の上にある庇{窓庇}の屋根です。

壁際にある、のし瓦の下に使用している葺き土が劣化によりズレていました。

 

20161228162625.JPG

実際に落ちた瓦以外でも、半分浮いて落ちかけている瓦もありました。

 

落ちかけている{のし瓦}はこのままだと危険なので、とりあえず下へ降ろしました。

今回の本工事もすぐには難しいので、お客様と相談して来年に着工させていただく

ことにしました。

 

 

 

 

雨漏り修理 銅板の穴開き

本日も谷板の現場です。

谷板には{銅板}を使用していて、劣化により大きな穴が開いていました。

 

2016122718143.JPG

谷部分です。現状は銅板を使用しています。

 

2016122718219.JPG

銅板の一部に、亀裂と大きな穴が開いています。

この状態なので、数年前から穴が開いていたと思います。

 

2016122718516.JPG

軒先のモルタル部分です。

雨漏りが軒先の広範囲まで流れて、壁の亀裂から雨水が流れています。

 

この雨漏りは谷板の入れ替え工事{銅板からステンレス板への取替え}で止まるのですが、

年内の工事は難しいので、応急修理で防水テープを貼りました。

 

 

 

 

雨漏り修理 (谷板の応急修理)

今日は谷板の応急修理にお伺いしました。

{銅板からステンレス板への谷板取替え工事}をお聞きしているのですが、

年内の工事は難しくしばらく期間が開くのでお客様と相談し、まずは本工事を行うまでに

雨漏りを応急で止めることにしました。

 

20161226215441.JPG  

屋根の接点にある、板金を使用している部分が{谷}です。現状は銅板を使用しています。

 

2016122622318.JPG

銅板の劣化によって、大きな穴が数箇所開いています。

この部分から雨漏りしていると、部屋中にかなりの雨が漏れます。

 

20161226215759.JPG

穴が開いている上にコーキングを塗りました。これで一時的に雨漏りを止めることができます。

 

明日は雨rainなので、それまでに何とか応急修理ができたのでホッとしました。

 

 

 

雨漏りの原因 (ステンレス板の亀裂から)

当社では谷板の入れ替え工事などで使用する、谷板は{ステンレス板}を多く使用します。

「ステンレス製の板だから大丈夫!」と今までは確信していたのですが、

「やはりステンレスだからと考えても、仕事は丁寧にしないとダメだなー」と

考えを改める現場がありました。

 

先日、他の屋根屋さんが施工した現場を見に行きました。

一階の天井が雨漏りしていたので、まずは1階屋根の確認を行いました。

でも1階屋根は全く問題ありません。 

次は2階屋根の確認を行い、そこで雨漏りの原因がわかりました。

 

2016122583445.JPG

築20年ほどの屋根で、谷部分にはステンレス板を使用していました。

見た目は全く問題ありません。

 

2016122583646.JPG

しかし良く見ると、雨水が谷の中で一番流れる{谷芯}部分に亀裂が入っていました。

この亀裂部分があるのは2階屋根ですが、1階の天井にまで雨水が流れているほど

雨漏りしていました。

 

おそらく、初めの谷板を施工する時に、谷芯が少し曲がったのだと思います。

ステンレス板もほんの少しですが伸び縮みします。

そして長年の経年劣化で、ステンレス板の少し曲がった部分から亀裂が入ったのです。

 

このような状態は今までに数回見ていますが、初めてこの亀裂を見たときは

かなりビックリしたのを覚えています。

やはり、「仕事は丁寧に!」ですね。

 

 

ルーガ雅 軽量瓦葺き工事 

軽量瓦{ルーガ雅}のお客様の屋根工事です。

本日で母屋の屋根工事が完工しました。

 

20161224172925.JPG   20161224172958.JPG

棟瓦部分です。全ての瓦にパッキン付きステンレスビスで固定します。

 

20161224173132.JPG

軒先部分です。軒一文字瓦を葺きました。

 

20161224173243.JPG

平瓦部分です。 

 

20161224173414.JPG

朝一番にこの写真を撮りました。朝日が当たって瓦が映えています。

門屋根工事を含めて、来週中に全て完工する予定です。

 

雨漏りの原因(谷板の劣化)

生駒市にあるお客様の屋根です。

お伺いすると軒先のモルタル部分が雨漏りによって、変色と劣化が進んでいました。

 

20161223223010.JPG

軒先がかなり傷んでいます。

屋根上にあがり、原因を探していると・・・

谷板に穴が開いていました!

20161223223128.JPG   20161223223144.JPG

谷部分に使用している材料が{銅板}を使用しており、劣化により数箇所大きな穴が開いていました。

 

銅板の下には防水下地材{ルーフィング}を敷いています。 銅板の穴から入った雨水は、穴の真下にある部屋中に入らず

銅板下の防水下地材が受けて軒先まで水を通します。

軒先にあるモルタルの内側に雨水が溜まり、上のようなモルタルの劣化になります。

 

この雨漏りは{谷板の入れ替え工事}で止まります。

当社では銅板を取り外し、ステンレス板に入れ替えます。

 

当社ホームページの「このような不具合を修理します」の中に、{谷板の入れ替え工事}の施工例を

入れていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

軽量瓦葺き工事{ルーガ雅}

奈良市にあるお客様の屋根工事です。

今日の夕方頃から雨予報なので、雨仕舞いができるように段取りしていきました。

 

20161222203257.JPG   20161222203749.JPG

軒先には一文字瓦を葺きます。               ずれないようにステンレスビスでしっかりと固定します。

 

20161222203846.JPG   

本体瓦を葺いていきます。

 

20161222204026.JPG   20161222204146.JPG

屋根の一番上にある{棟瓦}部分です。 棟瓦を固定するための下地木材と防水テープを取り付けます。

 

20161222204258.JPG

屋根端の{袖瓦}部分です。

屋根端の瓦も風の影響が受け易い部分なので、全ての瓦にパッキン付き化粧ステンレスビスで

しっかりと固定します。

 

20161222204641.JPG

壁際部分です。 壁際の瓦と壁に防水ブチルテープを貼ります。

これで吹き降りの雨風がきても大丈夫です。

 

20161222204446.JPG   20161222204513.JPG

だんだんと仕上がってきました。

 

今日は何度か小雨が降りながらの屋根工事になりましたが、何とか夕方まで工事ができました。

年末になってくると、一日一日がすごく貴重で雨が降ると段取りがずれ込むので

かなりドキドキするのですが、工事ができて良かったです。