ホーム>屋根修理ブログ>2017年4月

2017年4月

良い天気ですねー

良い天気の日曜日sun

午前中は長男のドッチボールの練習に参加し、昼からは家でのんびりできました。

 

2017430162129.JPG

明日からいつも通り、愛車トラックで奈良県中を走ります!

 

金属屋根への重ね葺き工事

上牧町で屋根の重ね葺き工事を行っていた現場です。

 

2017429182236.JPG

施工前のカラーベストです。

瓦の一部が飛んで全体的に劣化していました。

 

2017429182210.JPG

既存のカラーベストの上から、裏面粘着の防水下地材を取り付けます。

 

2017429182416.JPG

横暖ルーフは金属材でかなり軽いので、屋根への留め付けは専用のビスでガッチリと固定していきます。

 

2017429182536.JPG

二階の陸棟部分に、屋根裏の空気を出すために換気棟材を取り付けます。

これで、特に夏場の屋根裏の熱気を外に出してくれるので、以前よりは暑さを軽減してくれると考えます。

 

2017429182732.JPG 

施工後です。

これからも十分に家を守ってくれる屋根になりました。

 

新築時からの施工不良?

生駒市で「二階の天井から雨漏りしている」と連絡を頂いて、屋根上へ上がり現状の確認です。

 

20174282063.JPG

上がった瞬間に雨漏りの原因はわかりましたが、「なんでこうなったん?!」とビックリです。

 

モニエルの地瓦がズレて、棟瓦と全く重なっていない状態です。

 

201742820822.JPG

棟瓦を取り外して「なるほどなー」と納得です。

 

瓦と瓦の間に大きな隙間があり、本当は左右の瓦に半端瓦を入れるべきなのですが、その瓦がありません。

これは新築の施工時からこのような状態で、地瓦と棟瓦がほんのチョットしか重なっていないので、長年の経年劣化

で雨がジワジワと入っていたのですね。

 

その結果・・・

201742820134.JPG

地瓦を引っ掛けていた、横桟が傷んでボロボロになっています。

そして、瓦が引っ掛かる部分がないので下にズレて、雨漏りしていたのですね。

 

お客様に現状の写真を見ていただくと、「えーー!」とかなりの驚きです。

確かに、私も驚きです!

 

お客様と打ち合わせの上で、雨漏りの修繕と傷んでいる下地木材の取替え工事を行うことになりました。

鬼瓦の固定線は何を使うか?

三郷町で、落ちた降り鬼瓦の取り付け補強工事を行いました。

 

2017427164411.JPG

降り棟の先にある{降り鬼瓦}が一階に落ちていました。

 

2017427164526.JPG

一階へ落ちた降り鬼瓦を見ると、瓦を固定している{銅線}が切れています。

銅線が経年劣化と棟瓦の加重で切れたのですね。

 

2017427164810.JPG

この鬼瓦の補強工事は、降り棟の一部を取り外します。

 

鬼瓦を固定していた銅線がどこで切れたのかを確認すると・・・

 

2017427165136.JPG

途中で銅線を繋ぎ合わせた先で、ブチッと切れています。

 

この落ちた降り鬼瓦にはかなりの重量が掛かっているのに、途中で繋いで、細目の銅線で固定しています・・・

 

2017427165726.JPG

降り鬼瓦は割れていなかったので、元の場所に取り付けて下地の垂木から{ビニール被覆銅線(IV線)}でしっかり

と固定します。

 

この降り鬼瓦の固定線をどの材料にするのかを、当社でも色々と試行錯誤していました。

その時に、瓦工事組合で何種類かの固定線の実験を行い、色々な方から教えて頂いた結果、「やはり{IV線}だな」

と確信しました。

 

2017427171914.JPG

瓦組合{関西ブロック技術委員会}の奈良県担当として、一昨年の年末に京都で実験を行った時の写真です。

 

色々な種類の固定線を実験機に結び、固定線が切れるまで引っ張ります。

この時私は固定線を機械に結ぶ担当をしていて、年末の寒い時でも汗だくになっていたのを思い出します。

そして、鬼瓦の固定線は{IV線!}と迷うことなく決めました。

 

さて、工事の続きです。

201742717313.JPG

鬼瓦の固定後は棟瓦を南蛮漆喰で葺き直し、元の状態に戻していきます。

 

20174271756.JPG

施工後です。

お客様には「安心できたわー」と喜んでいただけました。

雨漏りの修理 (瓦の割れ)

今日は柏原市で雨漏りの現場打ち合わせです。

 

2017426171040.JPG

二階の白漆喰壁に、はっきりと雨漏りで土が流れた後があります。

 

お伺いした時は雨が降っていて屋根上に上がれなかったのですが、家の横に丘があったので遠目ですが漏れている

原因を見つけることができました。

 

2017426171314.JPG

降り棟の横にある{地瓦}が割れています。

この補修は瓦の差し替え工事を行うか、費用を抑えるならば割れている瓦の上からステンレス板を被せる方法の

どちらかですね。

 

お客様と打ち合わせをして、連休までには補修を行おうと考えています。

 

塀瓦がズレています。

広陵町で以前からお世話になっているお客様から「塀の瓦がズレ落ちているから、見に来てください」と連絡を頂い

て、早速お伺いすると、お客様が言っている場所がすぐに確認できました。

 

2017425175825.JPG

棟瓦の一段目から抜けていますねー。

 

このようになるのは瓦の内側にある{葺き土}が劣化しているのと、瓦の固定ができていないからです。

 

2017425175926.JPG

部分的な補修を行うこともできますが、数年後にはまた瓦がズレてくるので、お客様と打ち合わせをして{棟瓦の積

み替え工事}を行うことにしました。

 

補修工事は粘土の葺き土を使わずに{南蛮漆喰}を使用し、棟瓦は内側にホルマル銅線などでしっかりと固定して、

今後はこのようなズレがないように工事を行います。

組合青年部の総会

今日は夕方から奈良県瓦工事組合で青年部の総会を行いました。

 

年々、部員数が少なくなっていく中で今年はなんと二人も新入部員が入ってくれました!

嬉しい限りです。

 

総会が始まる前に、天理の事務所で材料の段取りです。

2017424235626.JPG

葺き土の{南蛮漆喰}はいつもここで調達しています。

 

今年度の方向を決めて、総会も無事に終わりました。

 

確かに少し傾いていますが・・・

以前からお世話になっているお客様から「近所で仕事をしている屋根業者から、『瓦が傾いているので、一度屋根点

検しましょうか?』と言われて心配やから見てほしい。」と連絡をいただきました。

 

今からちょうど10年ほど前に私が瓦の差し替え工事を行ってから、何度かお会いしている顔馴染みのお客様です。

 

私はこの話を聞いた時点で「訪問販売業者かな」とほぼ確信しましたが、お客様が心配しているのは間違いないので

、お伺いして屋根の確認です。

 

201742320101.JPG

陶器和瓦(青禄瓦)を葺いていて、濃い青禄瓦は10年前に私が差し替えました。

 

2017423202212.jpg

業者が「傾いている」と指摘しているのは赤丸の瓦(巴瓦)だと思います。

この巴瓦が少し家側へ傾いています。

 

この傾きは瓦を葺いた初めの新築の時からです。

確かに施工的にはどうかと考えますが、この傾きが原因で雨漏りはしていません。

 

築35年ほどの屋根で瓦は数枚傷んでいますが、以前と同じように傷んでいる部分だけを差し替えすれば、瓦はまだ

まだ大丈夫です。

 

しかし、

訪問販売業者が言う巴瓦よりも、以前に私が{瓦の差し替え工事}を行った時にも少し気になっていた{棟瓦}の方

が心配です。

 

お客様には「その業者が言っていることは無視して良いですが、私は{棟部分}の方が心配です。」と話をして、今

は雨漏りしていないので{現状のままでなにも施工しない}か{棟瓦の積み替え工事}をされるかの打ち合わせを行

いました。

 

そして今後の安心のために、棟の積み替え工事を行うことになりました。

ありがとうございます。

梅雨までには段取りして、お伺いさせて頂きます!

 

ズレている瓦の補修

先日に奈良市で打ち合わせを行った現場が着工しました。

 

屋根全面がかなり劣化していて「補修できるのかな?」と考えていたのですが、お客様の希望が「補修でお願いし

ます」なので、なんとか補修します!

 

2017422174425.JPG

施工前です。

瓦全体がズレて軒先瓦が落ちて、かなり危険な状態です。

 

2017422174556.JPG

下地垂木の補修を行うために軒先から約2mほど上へ、瓦と葺き土を取り外しました。

軒先は確かに傷んでいますが、「初めに考えていたよりは傷んでいないなー」と、少し安心しました。

 

この状態で垂木と下地木材の補強を行い、大工工事が終わった後で取り外した瓦を葺き直していきます。

 

201742217476.JPG

数年前から傷んでいたのでしょうか、垂木がボロボロです。

 

2017422183556.JPG  

軒先の瓦が落ちるほどズレている分は、屋根の上部で大きくズレています。

 

2017422175131.JPG

地瓦がズレ過ぎて下地木材が見えています。

瓦が重なっていないので、この部分からは少量の雨でも漏れます。

 

この瓦は下地の葺き土からズレているので、普通に上へ戻しただけでは再度下にズレてしまうので、補修する場合は

瓦を取り外して下地の葺き土を入れ直し、釘か銅線などで固定します。

又は瓦か板金を加工して、大きな隙間を埋めていきます。

 

屋根上でバタバタと歩くと、簡単に瓦が割れてしまうので慎重な工事が必要ですね。

コーキングの劣化

今日は葛城市で雨漏りの現場確認です。

一階屋根から雨漏りして状況を確認するために屋根上へ上がりました。

 

2017421175411.JPG

銅板を使用している谷部分です。

 

この谷部分から雨漏りするのは多いですね。

以前にもコーキングで補修したのでしょうか、色々な場所でコーキング補修をしています。

 

2017421175543.JPG

谷の中でも、雨が一番多く流れる{谷芯}でもコーキングを塗っています。

 

このコーキングが経年劣化で傷んで小さな亀裂がありました。

雨漏りしている場所から考えると、まずはここで間違いないですね。

 

以前から数回の補修していることもあり、今回の雨漏りを止めるには{谷板の入れ替え工事}が必要です。