ホーム>屋根修理ブログ>2018年3月

2018年3月

南紀白浜へ

一泊二日で家族と親・兄弟家族で南紀白浜に行ってきました。

クラブ活動などで一緒に行けなかった甥っ子達もいましたが、それでも今回14人と大所帯です。

そして二日とも快晴で旅行日和。

2018331223850.JPGのサムネイル画像

1日目はとれとれ市場と白良浜でゆっくりです。

白良浜の上を裸足で歩くと気持ち良くて、甥っ子達とダッシュをしたりと楽しみました。

 

2018331224125.JPG

二日目はアドベンチャーワールドで朝から夕方までしっかりと堪能。

ドルフィンショーで凄く良い写真が撮れて自分でもびっくりです。

 

皆で旅行に行けて良い思いで作りができました。

 

瓦がズレて地面へ落ちかけていました

安定した晴天で工事の段取りを考え易い日々が続いてくれています。

この間にお聞きしている現場を進めていきたいです。

 

今日は斑鳩町で屋根瓦の補修です。

2018329202552.JPG

庇の壁際瓦がズレて落ちかけています。

2018329202641.JPG

瓦の下には葺き土が入っているのですが経年劣化で土の粘着力がなくなって、瓦の重みなどでズレたのですね。

この壁際にある瓦はズレ易い場所です。

 

この瓦が地面まで落ちると危険なのと雨水が入る可能性があるので、お客様と相談して部分的な補修を行うことにな

りました。

2018329203012.JPG

劣化した粘土の葺き土を取り除き、新しく粘着力のある南蛮漆喰を入れて葺き直します。

そして瓦を元の場所に戻すときに瓦の繋ぎ目にコーキングを入れて、今後はズレないように補強していきます。

 

工事のお話を頂いてからなかなか着工できなくてご迷惑をお掛けしましたが、完工することができて私もホッと安心

できました。

 

夜桜を見に大中公園へ

満開になった桜を見に大和高田市にある大中公園に行ってきました。

昼頃ににツイッターで{♯大中公園}と入れると満開の桜や美味しそうな露天屋が出てきて、事前の情報入手です。

ツイッターの便利さを感じますね。

 

ここには毎年来ていて川沿いには大きな桜がいっぱいあり、ライトアップされて凄く綺麗です。

2018329201127.JPG

桜並木の間から月が輝いていて幻想的な雰囲気になりますね。

 

2018329201239.jpg

露天で蛸せんべいやから揚げなどを食べながら、この綺麗な夜桜を堪能してきました。

棟板金の補強

今日は御所市で棟板金の補修工事です。

こちらの屋根も3週間ほど前の強風でカラーベスト上にある棟板金が外れ落ちました。

葛城山や金剛山からの吹き降ろしの風があるので、奈良県の他の地域に比べると風が特に強いと感じます。

2018328224552.JPG

隅棟部分にあった棟板金が下地木材と一緒に外れ落ちました。

落ちた場所が幸いにも隣の空き地と誰もいなくて良かったです。

 

2018328224732.JPG

まずは棟板金を固定するための下地木材(防腐処理済みの貫板)を取り付けます。

 

2018328224822.JPG

新しい棟板金はステンレス釘でしっかりと固定していきます。

 

2018328224856.JPG

棟板金を取り付けて施工後です。

 

2018328225113.JPG

他の棟を点検すると釘が抜けて外れかけていたので、これも釘を打ち直してしっかりと補強しておきました。

雨漏りで化粧板がボロボロです

奈良市内で雨漏りしている現場の屋根点検に行ってきました。

漏れている場所は2か所で

20183271829.JPG

一箇所目は軒先の化粧板や垂木などが雨漏りで傷んでいます。

写真のように屋根が内側に重なっている上には{谷}があり、この状態を見ると「銅板の谷板に穴が開いて雨漏りし

ているはず」と考えます。

 

201832718612.JPG

2箇所目は部屋上の天井板と壁に濡れた跡があります。

 

まずは雨漏りしている部分の確認を行ったので、それから屋根上にあがり状況の確認です。

20183271881.JPG

屋根は燻し和瓦を葺いていて谷部分には銅板を使用しています。

 

201832718857.JPG

予想通り銅板の劣化で穴が数箇所開いていました。

部屋中の雨漏りしている上部にも銅板を使用している谷があり、やはりここも穴が開いています。

 

この状態だと雨が降る度に雨漏りするのでコーキングで穴を埋めて応急修理を行いました。

とりあえずはこれで雨漏りは止まるので、日を改めてお伺いします。

生駒市で棟板金の補修に行ってきました

桜が咲き始めて近所の桜が満開になるのが楽しみな日々です。

 

先日に生駒市で棟板金の取替え工事を行った現場です。

2018326163211.JPG

カラーベストを葺いているマンションで、3週間ほど前の強風で棟板金が外れ落ちました。

この棟板金や下地木材が地面に落ちた時に通行人が誰もいなかったのが幸いでした。

 

2018326163425.JPG

既存の下地木材を取り除き、新しい木材を取り付ける準備をします。

 

2018326163514.JPG

棟板金を固定するための下地木材を取り付けます。

カラーベスト上にあるこの木材は雨の影響を受けやすいので、防腐処理を行っている木材を使用しています。

 

201832616382.JPG

新しい棟板金を取り付けて仕上がりです。

工事のお話を頂いてから、すぐにお伺いできなくてご迷惑をお掛けしましたが完工することができました。

葛城市福祉総合ステーションへ

朝から暖かくて春を感じる日曜日は仕事をオフにしました。

午前中はドッジボールの練習に太子町へ。

昼からは葛城市にある福祉総合ステーションでドッジ仲間と一緒に遊んできました。

2018325195853.JPG

初めて来たのですがここにはプール・お風呂・卓球台・公園など色々とあり、私たちはプールでしっかり遊び、お風

呂で温まりました。

子ども達はずっと思い切り遊んでいて、元気だなーと感心します。

帰りに晩御飯を食べて、家では歯を磨いて寝るだけ。皆もぐっすり寝れるでしょうね。

日曜日を満喫できた良い1日になりました。

 

土塀のリフォームです

御所市へ塀瓦葺きの打ち合わせに行ってきました。

2018324182448.JPG

お寺の塀で瓦がかなり劣化しています。

 

2018324182715.JPG

竹を縄で組んで写真のように土をしっかりと入れて仕上げに白漆喰を塗っている、昔ながらの土塀です。

このお話をいただいた左官屋さんとお寺さんとで打ち合わせして、どのような瓦仕上げにするかを決めるのですが、

現場の場所が金剛山の麓で冬場は物凄く冷えるので、寒冷地でも使用できる三州産(愛知県)の瓦を使用します。

 

瓦はもちろんですが、どのような塀に仕上がるのか今から楽しみです。

瓦棒(板金屋根)の改修工事

来週から着工する現場の下見に生駒市へ。

201832320749.JPG

二階建てハイツで屋根材は{瓦棒(板金)}を葺いています。

ほぼ真四角の屋根で、勾配はほんの少しあるだけです。

 

2018323201042.JPG

材料自体の寿命で板金の一部が朽ちて、黒色の防水下地材が見えています。

 

この状態になると表面塗装はもちろん無理なので、現状の板金上から屋根改修用の{フットロック}という強い屋根

材を使って重ね葺きします。

 

現場へ新しい屋根材を搬入するのですが材料の長さが9.5mほどあり、

材料を積んだトラックからクレーン車で吊り上げて屋根上に載せるのが通常なのですが、今回は道幅が狭くクレーン

車が入らないので、手作業での荷揚げになります。

持ち上げる時にバランスと力が必要なので、この作業だけで皆筋肉痛になるかもですね。

天気予報をずっと見ていた1日でした

今日は天気予報と雨雲を見ていた1日になりました。

私がいる現場では曇り空でも、職人さんが入っている現場の方を見ると「降ってるかも・・・」という黒い雨雲が

ハッキリと見えています。

201832220125.JPG

屋根上からだと雲の状態が良く見えて、雨雲レーダーと合わせながら雨雲の下あたりにいる職人さんに「もうじき雨

が降る(降っている?)ので雨養生を。」と連絡をしていました。

この時はスマホで見れる天気予報とすぐに連絡できるのが便利と痛感しますね。

 

その雨は小雨ですんだので工事は問題なく進んだので良かったです。

明日からは良い天気が続きそうなので、お聞きしている現場を進めていきます。