ホーム>屋根修理ブログ>屋根瓦修理>棟の中に蜂の巣があります
屋根瓦修理

棟の中に蜂の巣があります

週初めの月曜日は晴天で屋根工事日和になりました。

明日の昼から雨予報なので、天気の良い間に工事を進めていきます。

 

奈良市内で屋根の点検に行ってきました。

現場は近鉄奈良駅の近くで車が入れなく、コインパーキングに車を止めて観光客に気を使いながら、ハシゴを担いで

現場点検です。

201841616326.jpg

燻し和瓦を葺いています。

 

2018416163331.jpg

屋根端の瓦が崩れて、下へ落ちかけています。風向きによってはここから雨が入る可能性がありますね。

 

2018416163452.jpg

棟の周りに小蜂が飛んでいてどこに蜂の巣があるのかを見ていると、白漆喰の隙間から入り込んで下地の葺き土を掻

き出してから巣を作っていると考えます。

 

棟瓦全体が劣化しているので修繕が必要なのですが、工事中に蜂は巣を潰されると考えて攻撃してくるはずです。

私が棟周りで点検をしているだけで、蜂は威嚇しているようだったので注意が必要ですね。

今度来る時は殺虫剤を持って工事を行います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kawarazen.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/583