ホーム>屋根修理ブログ>2018年5月

2018年5月

経年劣化で瓦が割れています

雨が思っていたよりも早く降ってきて、来週の天気も気になりつつ「段取りをどうしようか・・・」と悩んでいた1

日になりました。

私たちの仕事は天気仕事なのですが、段取りを工夫して工事を進めていきます。

 

奈良市内で雨漏りしている屋根の点検に行ってきました。

2018531195856.JPG

築60年ほどの燻し和瓦を葺いていています。

 

2018531195949.JPG

地瓦の一枚が経年劣化で割れています。

これだけ割れていると雨水が入っていきますね。

 

お客様の家にはちょうど同じ瓦があったので差し替え工事を行えました。

この部分に関しては雨漏りは止まりますが、他の場所では応急修理ができない状態だったので、日にちを改めてお伺

いします。

 

 

生駒市で樋掃除

今日は予報通りの天気で時々強い雨が降ったので、今入っている現場が気になりつつ事務仕事に専念です。

昨日に伺った雨樋掃除の現場です。

 

201853021737.JPG

現場の横には林があって、毎年のように枯葉が風にのって屋根上に積もります。

 

20185302193.JPG

その枯葉などが軒樋の中に入って集水器の周りに溜まり、縦樋へ雨水が流れなくなるので軒樋から水が溢れ出します。

 

201853021842.JPG

雨樋の掃除後です。

これで雨水が綺麗に流れて、溢れることがなくなります。

しかし枯葉は毎年入ってくるので、一年後か数年後ごとに掃除が必要ですね。

三郷町で新築現場です。

今夜から雨模様なので、今日は各現場で雨養生を中心に工事を進めていきました。

雲が多くなってきた夕方に三郷町で新築の現場へ。

 

2018529195758.JPG

昨日から始まった棟上で夕方前に大工さんの下地木材工事が終わり、「明日は雨だから今日中に何とか防水下地材を

はって欲しい」とお聞きしたので、大工さんの工事後に現場に伺いました。

 

201852920030.JPG

ゴムアスファルト・ルーフィング(防水下地材)の工事後です。

この工事が終わって現場を離れるときに雨がパラパラ・・・

ギリギリセーフでひと安心です。

 

201852920245.JPG

新築の柱組みです。

これらの柱は機械で加工しているのですが、ここまでピッタリと組める技術にいつも感心します。

 

屋根の防水下地材工事が終わった後にこの柱組みを見ながら一息入れる時が、私にとって心地良い時間です。

八尾市で雨漏りの修繕です

先日の雨予報から一転、曇り空に変わってくれて工事を進めることができた1日になりました。

 

八尾市で雨漏りの修繕工事に行ってきました。

2018528201253.JPG

築38年ほどの青禄瓦を葺いています。

雨漏りしている部分を確認すると、

201852820146.JPG

瓦の取り合い部分で隙間が開いて、ここから雨水が流れています。

このように隙間が開いてくるのは、瓦下にある葺き土の劣化と瓦上に塗っているモルタルの劣化ですね。

 

201852820151.JPG

瓦の一部を取り外すと下地の葺き土が雨水で流れている跡がはっきりとありました。

 

2018528201656.JPG

必要な部分の瓦を一度取り外して、粘土性の葺き土から南蛮漆喰に変更して瓦を葺き直していきます。

 

2018528201820.JPG

瓦を元の状態に戻して、壁際や瓦の接点部分にはモルタルを使わずにコーキングで固定します。

これで隙間がなくなったので、雨漏りは止まります。

 

練習試合に行ってきました

晴天の日曜日、今日はドッジボールの練習試合で奈良市に行ってきました。

私達香芝カッシーズを含む4チームでの試合。

2018527193449.JPG

監督がドッジボール協会の講習で不在なので、今回は私が監督代行です。

熟練のコーチと一緒に良い試合ができるように皆を鼓舞していくのですが、なかなか思うようなプレーができず・・・

 

課題ばかりが見えた1日でしたが、今日の反省をふまえて来月後半にある県大会に向けて練習していきます!

隅棟から雨漏りしています

大淀町で雨漏りしている屋根の現状確認に行ってきました。

雨漏りしている部屋は一階の天井で、シミが二箇所できています。

2018526194914.JPG

雨が降るたびに漏れるのではなくて、吹き降りの強い雨の時に雨漏りするようです。

 

201852619510.JPG

シミができている少し上部の瓦を取り外すと

 

2018526195147.JPG

雨水が流れている跡を発見!

今回は隅棟の収まり方が原因で雨漏りしているので、隅棟の積み替え工事を行えば雨漏りは止まります。

 

瓦は燻し和瓦を葺いていて瓦自体はまだまだ大丈夫なので、必要な部分の補修を行えば今後も屋根瓦が家を雨から守

ってくれますね。

ラテアートで緊張が解けました

夕方から三郷町でお客様と打ち合わせがあったので、その時間の前後に親友がマスターをしているカフェへ。

毎週金曜日は夜10時までカフェを営業していて、以前からタイミングが合えば行こう!と決めていました。

2018525231428.JPG

お客様と打ち合わせの前は、甘いスイーツとブラックコーヒーを飲みながら提出する書類のチェックと仕事の段取り

の流れを確認したりと、気持ちはピリピリモードです。

 

お客様との打ち合わせが無事に終わり、もう一度カフェへ。

2018525231945.JPG

カフェラテを注文すると、「おつかれさん!」と描かれた見事なラテアート!!

 

今日も1日仕事でピリピリと気持ちが張り詰めていたのですが、このアートを見て緊張が一気に融けました。

それから話をしながら、ゆっくりとした夜カフェを過ごせたので良かったです。

 

 

大和郡山市で葺き替え工事の着工です

雲一つ無い晴天で午前中は涼しいかと思いましたが、やはり昼間はどんどん暑くなりますね。

 

大和郡山市で屋根の葺き替え工事が始まりました。

2018524185122.JPG

瓦と取り除くと下地の葺き土があるのですが、かなり多くの葺き土を使用しています。

 

2018524185450.JPG

粘土の土に瓦をなじませて葺く工法{土葺き工法}です。

 

2018524185432.JPG

雨樋上に葺いている軒先瓦は全て銅線で固定しています。

 

来週前半に雨予報が出ているので、それまでに防水下地材を取り付けてブルーシートを張り雨養生ができるように段

取りしていきます。

 

新大阪で全日本瓦連盟の総会へ参加してきました

朝一番は雨が降っていなくて天気予報では「9時頃から雨雲が奈良県に入って雨が降る」だったので、職人さんにで

きる範囲で現場に入ってもらいました。

予想以上に雨が早く振ってきて途中で切り上げましたが、無理を聞いていただいた職人さんに感謝です。

 

そのような雨模様の今日は新大阪駅の近くで、全日本瓦連盟の総会(2日目)へ出席してきました。

2日目の今日は安全・PR・技術・指導と4委員会に分かれて今年度の事業計画の発表を行い、今年はその計画に沿っ

て活動していきます。

 

2018523175830.JPG

一年に一回、全国各代表の瓦屋さんが集まります。

他府県の知っている瓦屋さんに会えて良い刺激を貰えたので、この総会に参加できて嬉しかったです。

 

下地コイル材がカビています。

今日は晴天で風が少し吹いて良い屋根工事日和になりましたね。

明日は1日雨が降る予報なので、先日から着工の瓦葺き替え工事の現場では雨養生を中心に工事を行いました。

その現場はウチの職人さんに任せて、私は点検や一部の修繕工事です。

 

大和郡山市で点検した屋根の状態を見ると

2018522211223.JPG

昔のセメント瓦を葺いています。

表面塗装が剥がれてゆっくりと屋根上を歩かないとすぐに割れてしまう状態です。

 

2018522211350.JPG

瓦の上から75mmほどの鉄釘を打っているのですが、手で簡単に抜けます・・・

鉄釘を使用していることに疑問を感じますが、下地木材もかなり傷んでいる証拠ですね。

 

2018522211534.JPG

天井の写真です。

コイル下地(ワインを蓋する材料と同じ材料です)が瓦の劣化や釘穴からの雨漏りで痛んで、一部ではカビが生えています。

 

瓦を取り除いた後に下地の角材の上を歩くなどの注意を行わないと、簡単に踏み抜くほどの劣化です。

瓦はもちろんですが下地も傷んでいるので、瓦の補修は難しく葺き替え工事を行うしかないですね。

 

工務店さんと打ち合わせをして、どのような屋根材を使用するかの打ち合わせを行っていきます。