ホーム>屋根修理ブログ>2020年8月

2020年8月

雨漏りしてい場所は一カ所ですが、原因は複数ある時があります

おはようございます。

 

先日は何度か強い夕立が降りましたね。

あれだけの雨風があると、その後に数件雨漏りのお電話をいただくのですが、今回は去年に修繕させていただいたお

客様からでした。

まずは現状を確認するためにお客様のご自宅へ。

 

同じ場所から再度、雨漏りしていました

三郷町にある以前からお世話になっているお客様で、雨漏りしている場所を確認。

202083064659.JPG

一階の屋根で、先日の強烈な雨風の時に同じ場所で水が落ちてきたようです。

私自身も「なぜ?」と考えましたが、原因を突き止める必要があります。

 

20208306509.JPG

↑写真のコーキングと軍手を置いている場所が、雨漏りしているすぐ上の屋根です。

今までの経験上、台風や強い風を伴った夕立などで雨漏りする時は、一階屋根と二階壁の接点部分か窓際又はサッシ

周りから水が浸入することが多いので、以前に補修を行った時も壁際を中心に補修を行っていました。

 

先日の補修に不具合がないかの確認を行い、周りの瓦を数枚外して下地の葺き土が濡れているかどうかを見ましたが

濡れていません。

他にも水が入った跡が無いので問題なさそうです。

 

念のためにその上の二階屋根を確認すると

202083065917.JPG

すぐ上に銅板を入れている{谷}があります。

まさかと思いその銅板を見ると

20208307024.JPG

原因がありました…

去年の時点で私が二階家根まで見ていなかったミスです。

谷下にある瓦を取り外すと下地の葺き土が濡れていたので、原因もここで間違いないです。

次に雨が降ると再度雨漏りするので、コーキングを上に塗って水が入らないように応急修理を行いました。

 

20208307365.jpg

写真は私が手書きで書いたものです。

 

今回は二階家根にある谷板(銅板)の穴が開いたことで水が浸入し、二階の部屋からは雨漏りの跡が無く横の壁の中

を通って一階の天井で雨漏りしています。

このような事はごく稀にあるのですが、見逃していました…

また、外壁が古かったり亀裂が入っていれば、そこから外へ水が流れていた可能性がありますが、外壁塗装が新しく

防水効果がしっかりしているので外側へ水が抜けなく、壁の中を伝って一階の天井まで流れてしまったのですね。

 

雨漏りしている原因は複数考えられる、と頭の中では考えていたのですがお客様にご迷惑をお掛けして、今回の事を

反省して今後に繋げて、当社職人さん達ともこの事を共有していきます。

まだまだ勉強ですね。

見た目は問題ありませんが、雨漏りしています

こんにちは。

朝から雨が降って気温がいくらか下がってくれると少し期待したのですが、思い切り蒸し暑くなりましたね。

まだまだ熱中症対策を行っていきます。

 

隅棟から雨漏りです

先日に奈良市で雨漏り修理の打ち合わせにお伺いしてきました。

漏れている場所を確認後に屋根上にあがると、

202082818129.JPG

築30年ほどの燻し和瓦の屋根で、見た目は全く問題ありません。

202082818237.JPG

数カ所で面戸漆喰の補修を行っているので、以前に違う屋根業者が補修したようです。

雨漏りしている原因は、瓦を重ねて葺いている{隅棟}から水が入り込んでいます。

 

修理方法は隅棟を一度取り外し、棟瓦に中にある白漆喰と葺き土を取り除き、見えない部分の瓦を調整した後で棟瓦

を葺き直します。

以前に補修した業者は表面の面戸漆喰のみ塗り替えたので、雨漏りが止まらなかったのですね。

20208281887.JPG

雨漏りしている部分です。

 

軒先の化粧板が雨漏りで傷んで、このまま雨漏りしていくと化粧板だけではなく垂木(角材)まで劣化してくるので

早めの補修を行う必要があります。

瓦自体は表面上の変色などがありますが、まだまだ屋根材として問題なく、雨漏りさえ止めればこの屋根瓦が雨など

から家を守ってくれます。

 

まだまだ暑いですが、明日から仕事再開です

こんにちは。

 

お盆休みの最終日、真夏らしい暑さが続いて少し外にいるだけで汗が噴き出てきますね。

先日は近所に買い物に行ったのですが、立体駐車場の中のムアッとする暑さよりも太陽の下で少しの風を感じながら

の照り付ける暑さの方が気持ちよく感じます。

横にいた家族からは「思い切り暑い!」と言いますが、私からするといつもの暑さ。

でも慣れているからといって、油断は大敵ですね。

 

この時期、よくお客様から言われることがあります

真夏の時期になるとお客様から「この暑い時期に工事をお願いして申し訳ないねー」などの事をよく聞きます。

そんな時私は「熱中症に気を付けてぼちぼち工事しますねー」と笑顔で答えます。

雨漏りしている時や工期が迫っている時には時期をずらす事は難しく、やはり仕事なので安全に十分気を付けて暑い

中でも覚悟を持ってそれぞれが工事を進めています。

 

確かに屋根上の温度は太陽熱で焼かれた瓦の分物凄く暑く、春や秋のような動きはできなくペースは落ちます。

屋根上に上がって1時間もしない間に下に降りて水分補給と体調管理のために休憩します。

202081611370.JPG

職人さん達もこの時期の厳しさを十分にわかっているので、それぞれのペースで仕事をしています。

当社にはいないのですが、若い職人さんや慣れていないバイトの方はいきなり真夏の環境で仕事をするのは危険だと

思います。

この暑さもあと1カ月はつづくでしょうね。

 

さて、この休みの間に家族で東吉野村へ川遊びに行って涼しんできました。

2020816115130.jpg

水鉄砲で遊んでいて、3対1の初めから負けが決まっている戦いです…三男近くから当てすぎ…

夏の時期、たまに遊びに行くのですがやはり川の水が綺麗です!

そしてすごく冷たい!!

 

子ども達と思い切り遊べて気持ちと体の良いリフレッシュができたので、明日からの仕事もまた頑張れます!

夏休みが近づいてきました

こんにちは。

長かった梅雨も過ぎて、暑い真夏になりましたね。

この時期は春や秋のようなペースでは仕事ができなくて、1時間に1回は下に降りて水分補給と休憩を入れながら工事

を進めています。

 

今日の現場打ち合わせが終わり、事務仕事を行うために自宅へ戻ると次男と三男がセミ取り中でした。

このように何かに夢中になっている時の子どもを見れるのが嬉しいです。

20208616445.jpg

セミをロックオン!

20208616715.jpg

セミを網の中に見事にキャッチ!

手で掴もうとすると手元から「ビビビー!」と鳴きながら飛んでいきました。

すごく惜しい!子ども達は今セミ取りに夢中でよく外で遊んでいます。

 

家でYouTubeやゲームをするのも良いですが、暑いけれどこのように外で思い切り夏を満喫してくれた方が私は嬉し

いですね。

明後日から小学校は1週間ほどの夏休み。

我が家でもこの情勢の中、予定していた旅行をキャンセルしたので近場の綺麗な川へ行こうかと考え中。

私自身が大自然の中で遊ぶのが好きなので、色々な制限がありますがその中でも思い切り家族と遊びたいですね。