ホーム>屋根修理ブログ>2020年9月

2020年9月

板金工事もよく施工しています

こんにちは。

彼岸花が綺麗に咲き始めていよいよ秋になってきましたね。

しかし、昨日の雨のように季節と関係なく強い雨風が降るので工事もいつも通り雨雲レーダーを見ながら進めていき

ます。

 

横暖ルーフの重ね葺き工事

大和高田市でカラーベストの上から横暖ルーフ(板金材)を重ね葺きする工事を行っています。

こちらの屋根ではカラーベストが全体的にひび割れている状態で、数年前に屋根の全面塗装を行っていました。

今後の事を考えて差し替えなどの部分補修ではなく、全面改修工事を行う事になりました。

 

既存のカラーベストの撤去処分工事を行わず、防水下地材をその上に張り付けて横暖ルーフを重ね葺きする工事です

が、費用と工事期間の短縮を図るためにこのような工事が最近多くなっています。

 

2020926151628.JPG

真ん中の黒い部分が既存カラーベストで、その上からまずは裏側が粘着性のある防水下地材を貼っていきます。

 

2020926151750.JPG

横暖ルーフは板金材ですごく軽いので専用のビスでしっかりと固定していきます。

 

2020926151855.JPG

こちらの現場が端から端まで50m近くあり、一列屋根材を葺くだけでも時間がかかりますね。

来週は晴れの日が続きそうなので、工事をどんどん進めていきます。

屋根の葺き替え工事です

こんにちは。

昼間も涼しくなってきて、そろそろ空調服が必要ない季節になりました。

春とこの秋が屋根屋にとって過ごし易い時期なので、工事をどんどん進めていければと思います。

 

陶器和瓦から陶器平板瓦への葺き替え工事を行いました

奈良市秋篠町で築40年ほどの屋根の葺き替え工事を行いました。

2020920113136.JPG

2020920113157.JPG

現状は陶器和瓦(シルバー瓦)を葺いていて、瓦の寿命で何枚も表面が剥離していました。

写真のように瓦の上半分が剥がれて中の陶器(赤い)部分が露出しているのですが、この状態で放置しておくと雨漏

りや今以上の劣化が出てきます。

 

以前から大工さんが部分的な補修をしていたのですが、先日の台風で雨漏りしてきたので全面改修を行う事になりま

した。

2020920113836.JPG

瓦の下には葺き土がしっかりと入っています。

以前の工法ではこの土の上に瓦を並べていき、軒先や屋根端以外は銅線や釘で固定していますが、真ん中の部分は土

と周りの瓦で固定しているのが多いですね。

 

この葺き土の量が少ししか入れていない状態ならば、すぐに瓦と土の引っ付いている部分が剥がれてズレが出てくる

のですが、写真のように葺き土がしっかりと入れていると年月が過ぎても瓦のズレは少ないです。

 

202092011467.JPG

瓦と葺き土を取り除き既存下地の状態を確認すると、軒先の一部が雨漏りで腐食していました。

 

2020920114721.JPG

新しい木材で入れ替えて、傷んでいる部分を直しました。

 

202092011490.JPG

木材補修後に防水下地材(ゴムアスファルト・ルーフィング)を取り付けます。

この状態で雨養生がひと段落できたので、急な雨が来ても少し安心できます。

 

202092011519.JPG

新しい屋根瓦を引っ掛けるための下地木材(桟木)を取り付けます。

この桟木は桧材・幅60mmを使用していて、この木材を全体的に取り付けるので屋根全体の強化にもなると考えて

います。

 

2020920115710.JPG

瓦は桟木に引っ掛けてステンレスビスで固定します。

桟木とビスで瓦を固定するので、今後のズレがなくなります。

 

20209201226.JPG

瓦を葺いていきます。

 

202092012032.JPG

風の影響を受けやすい棟瓦や袖瓦はパッキン付きステンレスビスを使って固定していきます。

 

202092012141.JPG

 

202092012258.JPG

施工後です。

工期は6日間で途中で雨の日もありましたが、順調に進める事ができてお客様に喜んでいただけました。

 

漆喰の塗り過ぎは雨漏りを引き起こします

こんにちは。

今日は一日を通して暑さを感じなく、雨が降るたびに少しずつ涼しくなってきているのを感じますね。

しかし、晴れればまだまだ暑いので、熱中症対策を行いながら工事を進めていきます。

 

表面上だけの補修では雨漏りは止まりません

香芝市で雨漏りの修理依頼をお聞きして、まずは現状確認にお伺いしてきました。

202099161149.JPG

二階部屋の天井の染みがある上部には棟瓦2段と紐丸瓦を積んでいる{隅棟}があります。

 

以前に違う屋根業者が白漆喰を塗った補修を行っているのですが、漆喰を思い切り塗り過ぎです。

おそらく元の白漆喰の上から新しく白漆喰を塗っているのですが、これだけ塗り過ぎると雨漏りしていない屋根でも

、工事を行ったことで雨漏りを引き起こしてしまいます。

 

20209916164.JPG

隅棟の下にある地瓦を外していくと、漏れている跡がはっきりとありました!

棟瓦から水が入り込んで、地瓦(平瓦)下にある葺き土が雨水によって流れています。

これで隅棟からの雨漏りで決定ですね。

 

補修方法は{隅棟の積み替え工事}になります。

既存の隅棟瓦を取り外し、見えない部分の瓦を調整し直してから元の棟瓦を葺き直しを行えば雨漏りは止まります。

修理の施工例は下のファイルから見れます。

棟瓦の雨漏り補修工事⇒ 202099164719.pdf

 

また後日にお伺いして、補修を行うようにします。

瓦の割れ方で大量に雨漏りします

こんにちは。

日中はまだまだ暑いですが、朝晩が少し涼しくなってきたので秋が近づいてきたのを感じますね。

事務仕事はいつも自宅で行っているのですが、このブログを書いている夕方前の外では子ども達がワイワイと遊んで

楽しそうな声が聞こえて、ほのぼのした気持ちで仕事をしています。

 

雨漏りをほっておくと屋根裏の角材まで傷んできます

今日は橿原市で雨漏りの現状確認に行ってきました。

まず雨漏りしている場所を確認すると

202097164248.JPG

天井のボードが雨漏りによって傷んで、壁紙のクロスも剥がれている状態です。

この状態を見ると数カ月前から雨漏りしていたと考えます。

 

202097164316.JPG

屋根上にあがると屋根材はカラーベストを葺いています。

築30年ほどで以前に屋根塗装を行っているので、見た目は大きな問題は無いようですが…

 

雨漏りしている上部をよく見ると

202097164551.JPG

写真では見えにくいですが、カラーベストが横に割れています。

この割れ方をすると、上から流れてくる雨水がこの割れ目からどんどん入っていきますね。

 

以前は割れている瓦を差し替えする補修方法が多かったのですが、割れている瓦を抜く時に防水下地材をかなり痛め

るので、最近では割れている上にステンレス板をカラーベストの形に作って差し込みます。

その方法ならば防水下地材をまったく傷つけることなく、雨漏りを止める事ができます。

 

今日はステンレス板を持っていなかったので、応急修理でコーキングだけを塗っておきました。

これだけでも雨漏りはほぼ止まるのですが、また後日にお伺いさせていただきます。