ホーム>屋根修理ブログ>雨漏りの原因>漆喰の塗り過ぎは雨漏りを引き起こします
雨漏りの原因

漆喰の塗り過ぎは雨漏りを引き起こします

こんにちは。

今日は一日を通して暑さを感じなく、雨が降るたびに少しずつ涼しくなってきているのを感じますね。

しかし、晴れればまだまだ暑いので、熱中症対策を行いながら工事を進めていきます。

 

表面上だけの補修では雨漏りは止まりません

香芝市で雨漏りの修理依頼をお聞きして、まずは現状確認にお伺いしてきました。

202099161149.JPG

二階部屋の天井の染みがある上部には棟瓦2段と紐丸瓦を積んでいる{隅棟}があります。

 

以前に違う屋根業者が白漆喰を塗った補修を行っているのですが、漆喰を思い切り塗り過ぎです。

おそらく元の白漆喰の上から新しく白漆喰を塗っているのですが、これだけ塗り過ぎると雨漏りしていない屋根でも

、工事を行ったことで雨漏りを引き起こしてしまいます。

 

20209916164.JPG

隅棟の下にある地瓦を外していくと、漏れている跡がはっきりとありました!

棟瓦から水が入り込んで、地瓦(平瓦)下にある葺き土が雨水によって流れています。

これで隅棟からの雨漏りで決定ですね。

 

補修方法は{隅棟の積み替え工事}になります。

既存の隅棟瓦を取り外し、見えない部分の瓦を調整し直してから元の棟瓦を葺き直しを行えば雨漏りは止まります。

修理の施工例は下のファイルから見れます。

棟瓦の雨漏り補修工事⇒ 202099164719.pdf

 

また後日にお伺いして、補修を行うようにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kawarazen.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/788