ホーム>屋根修理ブログ>2021年2月

2021年2月

{屋根材の比較表}を作りました!

こんにちは。

 

数年前に屋根材の重さがわかる{重量の比較表}を体重計を使いながら作成しました。

この表を見ていただいている事が多いと聞いて、屋根に関して何か他の比較表を作れないかと考えていました。

そこで思いついたのが{屋根材の比較表}です。

 

当社が主に使用している、いぶし和瓦(日本瓦)・陶器平板瓦(洋風瓦)・板金材の3種類について作りました。

2021215172353.jpg

これが{いぶし和瓦}(日本瓦)です。

2021215172544.JPG

これが{陶器平板瓦}(洋風瓦)です。

202121517273.JPG

これが板金材(横葺きの板金材)です。

 

それぞれの特徴・重量・費用・耐久性・メリット・デメリットを、私が今まで屋根工事を通して現場で見て経験して

きた事を踏まえて、あくまでも私見ですが作りました。

 

屋根材の比較表はこちらです↓

202121517308.pdf

 

もちろん他の屋根屋さんにとっては違う中身になりますが、「屋根材ってどのようなものがあるのか?」・「屋根瓦

の葺き替え工事で使用する新しい瓦は、今の家ではどれが合うのか?」などのお客様の疑問や不安な部分を少しでも

解消できれば嬉しいです。

 

雨漏りの原因⇒銅板の穴開き

こんにちは。

昼間は暖かくて、もう春かな?と思うほどの天候でした。

明日も暖かくなるようですが来週は真冬の寒さに戻るようなので、しっかり寝て食べて、このような時期なので体調

管理は大事ですね。

 

今日から香芝市で雨漏りしている屋根の補修にお伺いしています。

202121218650.jpg

まずは雨漏りしている場所です。

軒先の化粧板が雨漏りで変色しています。

 

20212121889.jpg

雨漏りしている上には{谷(緑色の部分)}があり、谷に使用している銅板が全体的に劣化しています。

 

2021212181031.jpg

指を指している先の銅板に大きな穴が開いています。

瓦からこの銅板に水が当たるのですが、銅板の同じ場所(オレンジ色をしている場所)に水が落ちて、その水滴が銅

板を少しずつ薄くしていき、年月が経つと写真のように穴が開きます。

これだけ大きな穴だと大量の水が内側に入り込んで、下地木材などを痛めてしまいます。

 

補修方法は谷板周りの瓦を取り外して、傷んでいる銅板を取り除き、新しくステンレス製の谷板を取り付けます。

そして瓦を元の場所に戻していきます。

来週の月曜日は雨予報なので、間に合って良かったです。

 

さて、明日は長男が所属している小学生ドッジボールの大会があります。

奈良県のドッジボールチームが集まる、一年の中で一番大事な試合で、6年生の長男はこの県大会が最後です。

本人はもちろん、チームの皆が自分の力を出し切って、思い切り楽しんで欲しいです。

私も今からドキドキしています。

葺き替え工事が完工しました

こんにちは。

最近はYouTubeを始めから、現場での写真の撮り方や動画の撮り方で試行錯誤している日々です。

「今以上にわかり易くて見やすい情報をお伝えしたい!!」と思ったのが、これを始めたキッカケでした。

 

動画の中で私がナレーション(解説)をしているのですが、痛感するのが私の解説のたどたどしさ・・・

「これも回数をこなしていくうちに慣れてくるはず!」と信じて続けていきます。

 

今回の動画は先日から生駒市でお世話になっているお客様の家の屋根工事です。

屋根の葺き替え工事は完工しましたが、葺き替えしたから終わり、では無くこれからも何かの形でお付き合いできる

ような関係作りを今後も続けていきます。

202129182955.jpg

動画はこちらです

 https://youtu.be/pj9pxgKKCOg 

銅板に穴が開いて雨漏りしています

こんばんは。

今日は天気予報どおり明け方に雨が止んでくれて、朝からいつも通り工事を行う事ができました。

これだけ正確な天気予報だと工事の段取りを考え易いので、ありがたいです。

 

王寺町のお客様から「雨漏りしているから見に来て欲しい!」と連絡をいただき、現状確認にお伺いしてきました。

現状を確認すると

202122222911.JPG

銅板を使用している【谷】部分に大きな穴が開いていました。

これだけ大きな穴だと雨が降るたびに家の中へどんどん雨水が入っていきます。

実際の修理までに日にちがかかるので応急修理ですが、コーキングと防水下地材で穴を塞ぎました。

とりあえずはこれで安心です。

また後日にお伺いします。

 

谷部分から雨漏りする原因と補修方法についてYouTubeに載せました。

詳しくはこちらへ

https://youtu.be/dV9c1DH_WEs