ホーム>屋根修理ブログ>2021年3月

2021年3月

天井と壁に大量の雨漏りの跡がありました

おはようございます。

この3月は地元ドッジボールクラブ6年生最後の大会があったり、小学校の卒業式(長男)があり、チームの6年生と

長男をずっと見ていた月になりました。

この一年悔しい気持ちや嬉しい気持ちを経験できて、色々な気持ちの変化を皆と共有できたと思っています。

チームの6年生がクラブを卒部するのは寂しいですが、今は次のステップに進むための大切な時期なのですね。

 

さて、現場の方ですが奈良市で雨漏りの修繕見積りをお聞きして現状の確認にお伺いしてきました。

チャイムを鳴らす前に玄関の表側にある壁を見ると二カ所の雨漏りによる筋跡があります。

20213218238.JPG

かなり大量の雨水が流れてきているなーと、この時点で予想できます。

お客様に雨漏りしている場所を確認して屋根上に上がります。

 

20213218657.JPG

すぐに雨漏りしている原因が確定できました。

屋根瓦は問題なく、雨樋が外れている事が大きな原因ですね。

 

20213218813.JPG

立樋の一部が外れています。

そのすぐ横に家の通し柱(一階から二階へ立っている一本の柱)があり、外れている樋からの水が通し柱を伝って一

階まで流れている状態でした。

この立樋は二階の大きな面の雨水が流れてきている場所なので、少しの雨でも大量に水が流れてきます。

 

202132182239.JPG

こちらが一階部屋の通し柱付近の雨漏りの跡です。

 

この状態では雨漏りする場所が一ヶ所だけではなく、他の場所でも雨漏りしていて早急に雨漏りを止める修繕が必要

になるのですが、すぐにお伺いできないのでお客様に相談して立樋の角度を変えて雨水が家の中に入らないように応

急修理を行いました。

工事内容は外れている立樋を元の状態に戻せば雨漏りはしっかりと止まります。

 

また後日にお伺いして本工事をさせていただきます。

二階屋根から一階の部屋まで雨漏りしていました

こんにちは。

3月に入ってだんだんと昼間は暖かくなってきて、一年の中でも屋根上で動きやすい季節になってきました。

 

三郷町で「雨漏りしている」とお聞きして、まずは現状確認にお伺いしてきました。

お客様から話を聞いていると、一階の天井に黒いシミができて、強い雨になるとその黒いシミの部分から雨水がポト

ポトと床まで落ちてくるようです。

漏れている場所を確認できたので、次は屋根に上がって状況確認と雨漏りしている原因を探していきます。

202133204622.JPG

築40年ほど経過している屋根で、カラーベストを葺いています。

 

一階の部屋のすぐ上に一階屋根があるのですが、その屋根は全く問題なかったので次は二階屋根を調べていきます。

二階屋根に上がると漏れている原因がすぐにわかりました。

202133204813.JPG

屋根の接点部分にある{谷}という所で谷板には銅板を使用しています。

その谷の中でも一番水が流れる谷芯部分に大きな亀裂が入っていました。写真のような亀裂があると、ここから雨水

がどんどん入っていきますね。

雨漏りしている原因は二階屋根にある谷からですが、その雨水が二階の部屋の壁を伝って一階の部屋まで流れている

状態です。

やはり谷から雨漏りする時は、大量の雨水が家の中へ入り込みますね。

 

点検にお伺いした翌日には雨が強く降る予報なので、このままではほっとけないので応急修理を行うことに。

この亀裂の上にコーキングをしっかりと塗り込んで雨水が入り込まないようにします。

この補修だけで雨漏りは止まるので、後日に屋根の補修にお伺いするまでは十分雨漏りから家を守ってくれます。

 

こちらの内容をYouTubeにもアップしました。

詳しくはこちらまで!

 https://youtu.be/2YCH-SGCw0c