ホーム>屋根修理ブログ>瓦葺き工事

瓦葺き工事

お客様が安心できる一番良い工事を一緒に考えます

こんにちは。

昼間は晴天ですでに春を感じています。朝一番はすごく寒いので服を何枚も着込んでいるのですが、仕事を始めると

ジャンパーを脱ぎトレーナーを脱ぎ…どんどん身軽な服装になっていきます。

 

先日に生駒市で「今後を見据えて屋根工事を考えている」とお聞きして、屋根の点検に行ってきました。

2021121142256.JPG

築30年ほどのカラーベストを葺いていて、屋根全体が写真のように表面塗装の剥がれがあります。

黄ばんでいる部分はアンテナの錆びが関係していると考えます。

2021121142530.JPG

数カ所で写真のようなに割れやヒビが入っている状態です。

 

築年数やカラーベストの劣化を見ると何らかの工事は必要と考えます。

工事の内容は

①割れている部分のみの補修

・必要最小限の工事で費用も低く抑えることができます。

現時点で割れている部分やヒビ割れている部分の補修を行います。

引っ越しなどの理由で「あと数年だけ屋根材が耐えてくれれば良い」とお客様からお聞きする事もあるので、そのよ

うな時は部分補修を行います。

20211211575.JPG

これは割れたカラーベストの上にステンレス板を被せています。

割れた材料を無理やり引き抜いて新しいカラーベストを差し込むよりも、写真のようにステンレス板を差し込んだ方

が費用も抑える事ができ耐久性もあります。

 

②屋根塗装

・瓦の部分補修後に屋根塗装を行います。

葺き替え工事に比べて費用を抑える事ができて、仕上がりは新築同様になります。

屋根塗装に不慣れな業者が工事を行うと、塗装工事を行ったことにより工事後に雨漏りする場合があるので注意が必

要ですね。

2021121151015.JPG

これは悪い塗装工事例です。

屋根塗装を行うとカラーベストの横と縦の繋ぎ目にも塗装の膜ができるのですが、この繋ぎ目にできた塗装膜をカッ

ターなどで縁切りする必要があります。

上の写真のように縁切りをしていない屋根は、瓦の内側にできる結露や繋ぎ目の小さな隙間から入り込む水が外に出

ないので、屋根の内側から傷んできます。

見た目は綺麗かもしれませんが雨漏りします。

 

③屋根の葺き替え工事

・現状のカラーベストを撤去処分して、下地木材の上に新しい構造用合板(コンパネ12mm)を取り付けた後に新

しいカラーベストに葺き替える工事です。

新しい屋根材はカラーベストの他にも陶器平板瓦などもありますが、現状のカラーベストよりも約2倍の重量がある

ので、関東大震災以降は重たくなることを皆さん敬遠しています。

2021121155040.JPG

カラーベストへの葺き替え例です

 

④板金材への重ね葺き工事

・現状のカラーベストの上から、断熱材入りの板金材等を重ね葺きする方法です。

カラーベストの上に防水下地材(裏側が粘着性のある材料)を取り付けてから、横暖ルーフ・スーパーガルテクト・

立平などの板金材を葺きます。

最近はこの工法が圧倒的に多いですね。

理由はカラーベストの撤去処分が無いので費用がかなり抑える事ができ、工期も早くなる…などです。

一般の住宅でも多いですが、マンションやハイツなどの屋根もこの工法が多いです。

2021121155751.JPG

横暖ルーフを重ね葺きした現場です。

 

工事方法や屋根材も多数あるので、お客様にとって最善の屋根工事ができるように打ち合わせしていきます。

今年も無事に仕事納めができてひと安心です

こんばんは。

先日の日曜日に家の掃除中、お風呂の換気扇を壊してしまうハプニング!

掃除をしていくとつい熱中して素人が外してはいけないところまで外してしまい、気が付くと換気扇が回っていませ

んでした…

幸い知り合いの電気屋さんがすぐに来てくれて直してくれたのでひと安心です。

 

今日は工事の最終確認や挨拶周りなど、色々な現場をウロウロしていた一日。

年末まで工事をさせていただいて嬉しい限りです。

 

先日から工事を行っていた香芝市の現場も無事完工しました。

2020122918954.JPG

施工前の塀瓦で、瓦の劣化や瓦の下で使用している葺き土や漆喰など全体的に傷んでいました。

20201229181116.JPG

瓦下の土ですが経年劣化で粘着性が無くパサパサの状態でした。

20201229181329.JPG

傷んでいる瓦や葺き土を取り外した後に、再利用できる瓦を使って棟を葺き直していきます。

以前使用していた粘土の葺き土を使わずに、水シャットという南蛮漆喰で棟瓦を葺いていきます。

20201229181539.JPG

棟瓦の内側部分に穴を空けて瓦がずれないようにホルマル銅線で固定します。

これで棟瓦は南蛮漆喰とホルマル銅線によって全体的に固定されてずれにくくなります。

20201229181857.JPG

施工後です、

いぶし和瓦は年月が経っていても瓦自体に問題なければ再利用可能で、見た目は施工前のままですが中身はガッチリ

とした内容になりました。

 

さて、現場仕事は今日までだったので明日からは自宅の掃除や片付けなどをできるだけ行っていきます。

今後はあまり物を外さずにボチボチしていきます。

綺麗な塀瓦葺きです

8月もあっと言う間31日になり、仕事・遊び・セミナー・ドッジなどの盛りだくさんの楽しい月でした。

 

御所市のお寺で塀の瓦葺き工事をいただき、状況の確認に行ってきました。

2018831225848.JPG

なかなかの長さでブロック屋さんが綺麗に新しい塀を積んでいます。

 

201883123053.JPG

仕上がりは敷地内にある塀瓦と同じように葺きます。

地部分は{つづ入り万十瓦}というお寺などでよく使用される瓦。

棟部分は長方形の瓦{反りのし}を使用していて、これもお寺でよく使用する瓦です。

こちらの塀瓦は違う瓦屋がすごく綺麗に葺いているので、新しい塀も同様に葺いて綺麗に仕上がるのが楽しみです。

 

201883123515.JPG

現場から空を見ると、大きな木・見事な山門と真っ直ぐ伸びた飛行機雲。

綺麗すぎて、少しのんびりと眺めていました。

 

門屋根の瓦葺き

平群町で門屋根の瓦葺き工事です。

2017111191253.JPG

軒先とケラバ周りは銅板を葺いていて、その上に燻し和瓦を葺きます。

 

2017111191427.JPG

棟瓦は南蛮漆喰で葺き、瓦の内側にホルマル銅線でしっかりと固定していきます。

201711119164.JPG

瓦葺きの施工後です。

あとは左官屋さんのブロック周り工事です。

 

綺麗な門屋根です。

 

暑い日は続きます。

大阪の西淀川区でカラーベスト葺きです。

朝は曇り空で少し風があったので仕事をし易いかなーと思う中で、まずは材料を屋根上にあげていきます。

 

201782604145.JPG

やはり暑いです。

まだまだ暑い日は続きますね。

門の屋根工事

安堵町で門屋根の瓦葺き工事です。

2017722232350.JPG

細い道でトラックが門に当たり、歪ませてしまったので門屋根の取替え工事になりました。

 

2017722232549.JPG

瓦葺き後です。

二年半ごとに当たって補修を行っていますが、

今後は当たらないことを祈ってます。

安堵町の門屋根工事

安堵町で門家の取替え工事中です。

この門家へトラックが当たってしまい、門屋根・横の親石などがずれました。

201778104241.JPG

施工前です。

左から右に向けて当たって、保険を使って全体の取替え工事になりました。

 

201778104428.JPG

門家と両サイドの親石を取り除いた状態で、大工事になっています。

瓦もまだ新しかったのですが、新しい瓦に葺き替えです。

 

この状態を見ると「運転を気を付けないと」と思いますね。

大和高田市の瓦葺き替え現場

2016429171735.JPG

二階屋根の地葺きです。

201642917197.JPG

一階屋根(下屋)の地葺きです。

 今日は曇りの中、二階屋根の残りの地葺きと一階屋根の地葺き工事を行いました。

朝は寒く感じましたが、屋根上で動いていると少し汗ばみます。

今日で地葺きが終わる予定なので明日からは棟瓦葺きになります。

来週中頃のゴールデンウィーク中は天気が雨の予報なので、どんどん工事を進めて行きます!

 

大和高田市の屋根瓦葺き替え工事現場

2016427173523.JPG

昨日の内に下地工事をしていたので、朝一番から瓦上げです。

2016427174142.JPG

瓦は桟木に引掛けて、ステンレスビスで固定します。

2016427174326.JPG

本降りが来る前に、瓦を葺くことができました。

   大和高田市で先日から着工している、瓦の葺き替え工事現場です。

  今日の天気は昼から雨の予報だったので、雨養生のために職人全員で現場に向かいました。

  天気予報と雨雲レーダーを見ながら工事を進めて、本降りの雨が来る前に無事に雨養生ができるまでに

  瓦を葺くことができました。

  途中で小雨がパラパラと降っている中で、なんとか葺きあげていただいた職人のみなさん、おつかれさまでした!