ホーム>屋根修理ブログ>動物による瓦被害

動物による瓦被害

アライグマが屋根瓦を崩してました

こんにちは。

今日は朝から良い天気になりましたね。

朝8時頃から屋根上で工事を始めて、ジャンパーを脱ぎ、すぐにトレーナーを脱いで9時前には長袖一枚になってま

した。

屋根工事日和な今日は御所市で瓦補修です。

お客様から「屋根瓦が崩れている」とお聞きして、現状確認を行うと

202031217281.JPG

屋根瓦の一部だけが崩れていました。

お客さんに聞くと、アライグマが屋根上で歩いていた。とのこと。

 

イタチやコウモリ・小さな鳥などが屋根裏に入ったのは見たことがあるのですが、アライグマは初めてです。

お客さんと打ち合わせ後、まさかなーと思いながら工事を進めていきます。

2020312173053.JPG

瓦や土などを取り外すと、屋根裏へ行ける空洞がありました。

明らかに動物が崩したようです。

2020312173257.JPG

まずは動物が入らないように、漆喰で中まで詰めていきます。

2020312173632.JPG

瓦を葺き直して仕上がりです。

お客さんからはこの一カ所とお聞きしていたのですが、念のため屋根全体を確認すると

 

2020312173748.JPG

反対側の瓦も思い切り崩していました!

 

この2カ所から出入りしていたのですね。

これだけの瓦と土などを崩すのはイタチや小鳥は無理で、やはりアライグマなんだと納得しました。

今後は屋根裏へ出入りできないようにガッチリ葺き直して仕上がりです。

自然の凄さを感じれた現場でしたね。