天井や壁から雨漏りした時は、どのように止めていくか

こんにちは。瓦善の奥野です。

雨が降っている時に天井や壁を見ると今まで見たことも無い水の流れた跡や、実際に雨水がポタポタと部屋の中まで落ちてきた場合に、どのような方法で雨漏りを止めていくかをお伝えします。

雨漏りした時は天井や壁にどのような跡ができるか

では実際に屋根の不具合が原因で、天井や壁にどのような雨跡ができるのか写真で見ていきます。

下の写真は和室の天井で化粧板(木材)を使用しています。天井には雨水によって黒く染みが出来たり黒い筋ができています。

天井から水が流れて、灰色の壁にも水が流れて丸くて黒い円形になっています。

下の写真も和室になります。

部屋まで大量の雨水が流れて、壁が変色しています。

こちらの写真も和室の天井で、雨漏りの黒染みがはっきりと出ています。

雨漏りすると不安になりますね

上の写真のように今まで無かったのに急に染みができたり、実際に雨水がポタポタと落ちてくると「雨水が家の中に入って、天井や家の柱が傷んでしまう…」と不安になります。

雨漏りしている状態をしばらく放置すると、確かに雨漏りの影響で天井板が剥がれてきたり柱が痛む事はあります。ただし、雨漏りしてもすぐに屋根の補修を行い雨漏りを止めると、雨漏りした跡は残りますが、天井板や柱が痛むことはほぼありません。

まずは専門業者に連絡を

雨漏りは屋根の様々な場所・壁・サッシ周りなど、家の様々な場所から雨水が入ります。

一般の方が原因を判断して補修を行うのは相当難しいので、まずは屋根工事店や防水専門の業者に連絡をしてください。

ごく稀にお客様自身が屋根に上がって、雨漏りの原因と思うような場所に漆喰やコーキングを塗られる事がありますが、お勧めはしません。一階の屋根であってもやはり危険です。専門の業者が来るまで待っていただいて、打ち合わせと見積りを取るようにしてください。

業者には様々な考え方や工事費用にも差が出てくるので、できれば複数の業者に見積りを取り、お客様が納得できる工事内容・費用などを検討して業者を選んでいただければと考えます。

当社は屋根専門の工事店なので、もちろん得意とするのは屋根瓦が原因の雨漏り補修になります。壁やベランダから雨漏りしている場合は、その専門の業者を紹介する事もできます。

当社にお問い合わせをいただいた場合

当社にご連絡いただいた場合は、まずはお客様と日程の打ち合わせを行い、お客様がご在宅の時にお伺いして雨漏りしている場所を確認します。

その上で雨漏りしている原因を探して、原因がわかり次第お客様と打ち合わせを行いお見積書を作成します。

雨漏りしている原因がはっきりと判断できて、その傷んだ状態で放置していると雨水がどんどん入って家を傷めてしまう場合は、事前にお客様に確認を取り応急で補修を行う事が稀にありますが、基本的には見積り内容を確認しお客様から工事依頼をお聞きした後に屋根の補修工事を行います。

工事依頼をお聞きしてから、当社の他の工事段取りの都合で補修工事が遅くなる場合があるのですが、その時は雨漏りしている原因の上にシートを被せる等の応急補修を行う事もあります。

 

以前に住んでいた我が家でも雨漏りが起きて、屋根屋の私でさえ一瞬ドキドキしていました。

お客様の屋根の現状写真や工事内容に合う施工例等を見てもらい、お客様の不安を少しでも解消できるように努めます。

 

 

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

奈良・大阪全域へお見積り、施工訪問中!!

屋根修理の見積もり比較、ご相談ください。適正価格、自社職人。

  • 電話番号: 0745-43-6193
    電話受付時間 8:00~20:00
  • お問い合わせ