かなり多くの葺き土を使用しています。

天理市の現場で既存瓦撤去の工事が始まりました。

工事内容は{燻し和瓦から燻し和瓦への葺き替え工事}です。

 

20174150311.JPG

築135年の主屋です。

 

2017414235813.JPG

瓦を取り外すと下地に{葺き土}があり、かなりの量を使用しています。

 

この葺き土は年数が経過してくると劣化やズレが出てくるのですが、下地の木材(横桟)と葺き土がしっかりと

引っ掛かっているので、葺き土がズレていません。

また、途中でしっかりと瓦を銅線で固定していたので瓦のズレもほとんどありませんでした。

 

築100年以上を経過している屋根瓦はズレているのが当たり前なのですが、それが少ないので「昔の職人さん

はかなり丁寧な仕事をしていたんだなー」と感じます。

 

瓦と葺き土を取り除いた屋根面にはブルーシートを張り、雨養生を行ってから本日の工事を終了しました。

2021年9月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

奈良・大阪全域へお見積り、施工訪問中!!

屋根修理の見積もり比較、ご相談ください。適正価格、自社職人。

  • 電話番号: 0745-73-4445
    電話受付時間 8:00~20:00
  • お問い合わせ