様々な雨漏りの原因がある現場です。

今朝は天気予報通りですごく冷えて、屋根上では予想通り霜が降りて真っ白でした。

それでも朝日が当たる面は8時頃に屋根へ上がることができます。

 

郡山市の雨漏り修繕の現場では、工事する場所が霜がなかなか溶けない北面の庇です。

9時頃に現場へ到着して「上がれるかなー?」と梯子をかけて覗くと、

二階の軒先が大きいのが幸いして霜は降りていませんでした(すぐに仕事ができるのでラッキーです!)

 

2017122018232.JPG

瓦上に軍手を置いている下で雨漏りしていました。

原因で考えられるのは

・地瓦の割れ

・谷部分(銅板)

・壁の亀裂(よく見ると薄く広範囲で亀裂が入っています)

などの3つです。

 

当社でできるのは屋根工事で、壁の亀裂は塗装業者にお任せするようにします。

 

20171220182915.JPG

谷板周りの瓦を取り外し、一緒に壁際の雨漏りしそうな瓦も取り除きます。

 

20171220183013.JPG

既存の銅板を取り除き、防水下地材を取り付けます。

 

2017122018320.JPG

壁際の瓦と葺き土を取り除くと壁奥の柱が見えるのですが、少し雨水が流れている跡があります。

ここで雨水が流れるのは壁やサッシの原因が多いですね。

 

20171220183057.JPG

ステンレス板を取り付けます。

 

20171220183424.JPG

割れている瓦を新しい瓦に差し替えて、谷板周りの瓦を葺き直します。

 

20171220183513.JPG

施工後です。

これで屋根面からの雨漏りは大丈夫です。

後は塗装業者さんにお任せします。

2021年9月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

奈良・大阪全域へお見積り、施工訪問中!!

屋根修理の見積もり比較、ご相談ください。適正価格、自社職人。

  • 電話番号: 0745-73-4445
    電話受付時間 8:00~20:00
  • お問い合わせ