大量の葺き土を使っています

今日から大阪市内で屋根の葺き替え工事が始まりました。

晴天で雨の心配もなく屋根工事日和です。

 

201831021110.JPG

施工前の燻し和瓦です。

二階建ての連棟長屋で、真ん中の家のみを工事します。

 

201831021327.JPG

瓦のほとんどは瓦下にある葺き土に、グッと馴染ませて固定する葺き方で、昔はこの工法が標準でした。

 

20183102153.JPG

ではどこで瓦を固定しているのか?になるのですが、軒先の瓦一列に銅線で固定しているのが多いですね。

 

201831021859.JPG

瓦下の葺き土です。大阪市内の屋根は少量の葺き土を使っているのが多いのですが、こちらの屋根では下地木材が見

えないほどの土を使っていました。

葺き土を多く使えばそれだけ瓦の裏側に土が引っ付くので、丈夫な屋根になりやすいです。

 

昔に葺いた職人さんが「シッカリと葺こう!」という気持ちが伝わります。

今日は瓦と葺き土を取り除き、ブルーシートを貼り付けて終了です。

後は大工さんに下地木材工事をお願いしているので、後日にお伺いします。

2021年9月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

奈良・大阪全域へお見積り、施工訪問中!!

屋根修理の見積もり比較、ご相談ください。適正価格、自社職人。

  • 電話番号: 0745-73-4445
    電話受付時間 8:00~20:00
  • お問い合わせ