ホーム>屋根修理ブログ>2019年12月

2019年12月

塗ってはダメな場所にコーキングしています

こんばんは。

クリスマスモードから年末に向けて気持ちを切り替えていく大事な日々です。

 

今日は香芝市で雨漏りしている屋根の事前点検です。

現状を確認すると

20191226221238.JPG

いぶし和瓦を葺いている屋根で築30年ほどです。

瓦自体は表面上の変色はありますが問題なく、屋根の接点部分に入れている{谷板}から雨漏りしています。

 

20191226221419.JPG

以前にお客様が銅板の穴が空いている部分にコーキングをしていました。

今回の修繕は{谷板の入れ替え工事}を主に考えて、念のために周りをみると・・・

 

2019122622163.JPG

屋根の真ん中部分に葺いている{地瓦}に大量のコーキングを塗っています。

2019122622178.JPG

瓦の重なっている部分にコーキングをベッタリ塗って、こちらからも雨漏りしていました。

水の流れていく場所にコーキングで埋めると、コーキングの隙間から内側に入った水が外に流れずに瓦の内側に溢れ

てしまいます。

修繕したことで逆に雨漏りを起こしていますね。

修繕方法は雨水が自然に流れるように、下部分のコーキングを取り除きます。

また後日にお伺いします。

朝から心が和みました

こんにちは。

季節イベントのことは現場にいると全く感じませんが、家に帰るとクリスマスツリーやプレゼントが宅急便で届いて、

見つからないようにコソッと物入れに隠したりと、家の中はクリスマスムードたっぷりです。

 

今日は香芝市で屋根の補修工事です。 屋根上にあがると朝の良い景色を見ることができました。

2019122113440.jpg

 

このような景色をいつも見れるのが、屋根屋の特権だなーと感じながら写真を撮りました。

皆さまも良い週末をお過ごしください。

雨漏りで下地木材が黒ずんでいます

昨日は雨模様で気温も少し暖かく感じたのですが、今日は冬らしい一日でしたね。

 

今日は大淀町で雨漏りしているお客様のお家へお伺いしてきました。

20191219171155.JPG

築30年ほどの陶器和瓦(シルバー瓦)を葺いています。

雨漏りしている上部の瓦を見ると

20191219171515.JPG

屋根上には太陽光パネルと隅棟があり、万が一太陽光が原因で雨漏りしていると大事になるかなーと思いながら状況

確認していました。

雨漏りしている部分の原因を突き止めるために地瓦の一部を取り外します。

20191219171449.JPG

瓦下には葺き土を使用していて、その土が雨水で流れている跡がクッキリと付いています。

ちょうどその上には隅棟があるので雨漏りの原因は隅棟に確定で、太陽光パネルは問題なかった事に一安心です。

 

写真にある下地木材が劣化して黒ずんでいるのを見ると、数ヶ月前から水が入っていますね。

補修方法は{隅棟の積替え工事}で雨漏りは止まるので、後日にお伺いさせていただきます。

 

瓦の差し替えに行って来ました

今朝は霜が降りるほど冷えていましたが、その分昼間は太陽に当たると暖かく感じる一日です。

 

今日は香芝市で屋根瓦の補修工事です。

2019121412430.JPG

鉄釘で瓦を固定していたので雨漏りするほどに割れていました。

20191214121840.JPG

鉄釘が錆びて釘穴を圧迫したので、瓦が思い切り割れています。

2019121412523.JPG

まずは割れている瓦を取り除きます。

割れた瓦以外は表面の変色がいくらかありますが、ほとんど問題ありません。

2019121412635.JPG

瓦はパッキン付きのステンレスビスで固定していきます。

2019121412744.JPG

施工後です。

これでお客様も屋根の不安が解消できますね。

鉄釘が原因で瓦が割れてます

こんばんは。

自宅に事務仕事部屋があるので、仕事の合間に子ども達と遊んでいます。

椅子の後ろで3男が「どのピザにするー?(ままごと遊び)」と聞いてきて、適当に答えると「違う!!」と注意さ

れながらパソコンに向かっています。

 

大工さんから「瓦が割れているから見に来てほしい!」と連絡をもらい、まずは現状の確認へ。

2019121118243.JPG

築25年ほどの燻し和瓦を葺いている屋根です。

20191211182530.JPG

屋根端にある{袖瓦}が縦割れして、以前にコーキング補修をした跡があります。

原因を探すために瓦の一枚を外すと

20191211183356.JPG

袖瓦の裏側です。

瓦が割れたのは鉄釘で固定したのが原因ですね。

鉄釘を屋根瓦の固定に使うと鉄釘の周りに錆が付いて釘穴を圧迫し、釘穴の限界を超えて上の写真のように瓦を割っ

てしまいます。

 

現在はこのような事が無いように、ステンレスビスやステンレス釘・銅線などで瓦を固定しています。

補修方法は瓦の差し替えで、ステンレスビスで固定すれば直るので後日にまたお伺いします。

現場に行く前に少し寄り道を

早朝、自宅から事務所に向かう途中に霧が出ていました。

何年か前にもあったのですが、濃霧の朝に事務所から15分ほど山に上がる場所から雲海を見る事ができました。

現場に行く前に少し寄り道をすることに決定です。

 

山に上っていくと木々の間から期待していた景色が見えてきてワクワク!

2019129161941.jpg

私の好きな場所から見事な景色が広がっていました!!

今回は雲海ではなく薄い霧が奈良盆地に覆われている状態だったと思いますが、月曜日の朝からとても嬉しい気持ち

になりました。

 

皆さまも素晴らしい一週間になりますように。

奈良公園で紅葉狩り

瓦工事組合の行事で奈良公園へ。

6年ほど前から毎年この時期に行う{奈良国際フォーラム・甍}の屋根点検です。

2019126164014.JPG

いつも感じますが凄く大きな屋根です。

築30年ほど経過していますが全体的にしっかりとして、やはり燻し和瓦は安定しているなーと感じますね。

 

2019126164616.JPG

この屋根からは東大寺など奈良公園内が一望できます。

屋根点検を行いながら、周りの良い景色に癒やされました。