屋根の重量差 (燻し和瓦から軽量瓦へ葺き替えた場合)

奈良市でお世話になりました{屋根工事の重量差}についてです。

お客様の家の屋根坪は52坪で、葺き替え前は{燻し和瓦(土葺き工法)}を葺いていました。

 

201712614959.JPG

燻し和瓦を葺いています。

築80年ほど経過して瓦の劣化とズレがあり、

お客様は「地震への対応」のために軽い屋根材への葺き替え工事を希望していました。

 

お客様と打ち合わせを行い、軽量瓦{ルーガ雅}への葺き替え工事を行うことになりました。

 

2017126141314.JPG   2017126142020.JPG

既存瓦と屋根の一番上にある{棟瓦}を取り除きます。 瓦下にはかなり多くの葺き土を使用していました。

 

この葺き土だけで1坪あたり100kgほどあるので、

52坪×100㎏=約5,200㎏ (約5トン)のっています。

 

201712614249.JPG

軒先瓦です。 軒先周りや屋根端瓦のみに{銅線}で固定して、葺き土でなじませて瓦を葺いています。

これが昔からの瓦葺き工法です。

屋根瓦がずれる多くの原因は、{銅線が劣化して伸びていた・葺き土の粘着力がなくなり瓦がズレる}です。  

 

 

2017126141946.JPG   

瓦と葺き土の撤去後、下地補強のために構造用合板(コンパネ12mm)を取り付けます。

 

2017126142259.JPG   2017126142933.JPG

防水下地材と瓦を引掛けるための横桟を取り付けて、{ルーガ雅}はズレないようにステンレス釘でガッチリと固定します。

 

2017126143156.JPG

施工後です。

 

葺き替え前>は燻し和瓦(土葺き工法)を葺いており、1坪あたりの重量は{瓦+葺き土}で約245.6㎏です。

 52坪×245.6㎏=12771㎏で、あと棟瓦が入ってくるので

 約14,000㎏ (約14トン)

 

葺き替え後>は軽量瓦(ルーガ雅)へ葺き替えたので、1坪あたりの重量は{瓦+コンパネなどの副資材}で約92kgです。

 52坪×92㎏=4,784㎏ (約5トン)になりました。

 

屋根重量が約3分の1ほどの軽量化になり、お客様の希望にお応えすることができたので、

すごく喜んでいただくことができました。

そして私もお客様の喜ぶ顔を見ることができて、感謝の気持ちで一杯になりました。

 

 

 

 

 

 

 

2021年9月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

奈良・大阪全域へお見積り、施工訪問中!!

屋根修理の見積もり比較、ご相談ください。適正価格、自社職人。

  • 電話番号: 0745-73-4445
    電話受付時間 8:00~20:00
  • お問い合わせ