ホーム>屋根修理ブログ

屋根修理ブログ

人生観の変わるセミナーに行ってきました。

先週の土曜日から三日間連続で大阪へセミナーに行ってきました。

自己啓発のセミナーで私の奥底の感情を思いっきり揺さぶられ、色々な驚きと発見がありました。

 

20187171938.jpg

先生と一緒に学んだ方々と。

すごく価値のある三日間になり思い切って参加して良かったです。

 

この経験を今後にしっかりと繋げていきます!

立平板金の重ね葺き工事

橿原市でカラーベストの上から立平板金を葺く{重ね葺き工事}に行ってきました。

 

2018713224339.JPG

先日の雨が降った直後の写真です。

カラーベストを葺いていて、大きな雨が降るたびに雨漏りしていました。

 

瓦本体が劣化していることもあり修繕は難しい状態で、お客様と相談して現状のカラーベストの上から立平板金を重

ねて葺く工事になりました。

 

2018713224710.JPG

カラーベストの上に防水層を作るために、裏面が粘着性の防水下地材を取り付けます。

 

2018713224817.JPG

立平板金は軽い屋根材なので、板金ビスでカラーベストの下にある構造用合板(コンパネ)にしっかりと固定します。

 

201871322516.JPG

施工後です。

これで雨漏りはもちろん止まって、安心できる屋根になりました。

修繕が難しい屋根です

今日も真夏日が続いて、体調管理に気を付けながら工事を進めています。

 

奈良市で「雨漏りしているから見に来て欲しい。」と連絡をいただいて現場の打ち合わせです。

屋根に上がってみると

20187132284.JPG

燻し和瓦を葺いている屋根なのですが

 

201871322844.JPG

地瓦と棟全てにコーキングを塗っています・・・

 

屋根の補修方法を知らない業者が、「とりあえずは隙間に全部コーキングを塗れば大丈夫!」と思ってこのような工

事を行ったと考えますが、全くの逆で雨漏りを引き起こします。

 

これだけコーキングを塗っていると補修するのが難しく、葺き替え工事しかないと判断します。

ただこちらの家は賃貸物件なので、お客様と打ち合わせを行ってどのような工事を行っていくのかを考えていきます。

 

三郷町のカフェへ。

夕方に三郷町で打ち合わせがあり予定時間よりも少し早く付近に着いたので、久しぶりに私の好きな喫茶店へ。

2018713215433.JPG

親友がオーナーのカフェ・ファンチャーナです。

先日の地震や雨でゆっくりできる時間があまり無かったのですが、いつもの席に座りオーナーと何気ない会話をして

いる時が、ゆったりとして気持ちがリラックスできます。

 

次に来る時は時間を十分に持って美味しいコーヒーを飲みながらのんびりしたいですね。

銅板に穴が開いて、雨漏りしていました

今日は香芝市で雨漏りしている屋根の現場打ち合わせです。

2018712182336.JPG

燻し和瓦の屋根で、屋根の接点部分にある谷から雨漏りしています。

 

谷に使用している銅板を見ると

2018712182416.JPG

銅板に穴が数箇所開いています。

500円玉ぐらいの大きさで、雨が降るたびに瓦からこの穴に雨水が落ちて雨漏りしていました。

 

2018712182614.JPG

雨漏りを直すための工事は銅板からステンレス板への{谷板の入れ替え工事}を行うのですが、すぐに工事が行えな

いのでコーキングで穴を塞ぎました。

簡単な応急補修ですが、これでも十分に雨漏りは止まります。

 

後日に段取りが出来次第、谷板の入れ替え工事をさせて頂きます。

瓦一枚だけズレて雨漏りしていました

夏本番になってきたので、水分補給のための休憩を入れつつ工事を進めていく毎日です。

生駒市へ雨漏りしている屋根の現場打ち合わせに行ってきました。

 

201871121193.JPG

燻し和瓦を葺いていて、この屋根下にある部屋へ雨水がポタポタと畳にシミができるほどに雨漏りしています。

 

雨漏りしている上部の瓦を見ると

2018711212138.JPG

原因がハッキリと確認できました。

この真ん中にある瓦一枚が下へズレて、すぐ上にある瓦とほとんど重なりが無い状態です。

これでは小雨でも雨漏りするので、応急ですが瓦の押し上げなどの一部調整を行いました。

 

応急補修を行っただけなので、後日に段取りしてお伺いさせていただきます。

瓦が思い切りズレて、雨漏りしています

真夏日が続いてどんどん日焼けしていく日々です。

 

そのような晴天の今日は大和郡山市で現場打ち合わせです。

2018710193019.JPG

以前からお世話になっているお客様で「地震の影響なのか、雨漏りしているので見に来て欲しい。」と連絡を頂きま

した。

現状を見ると

2018710193228.JPG

地瓦が思い切りズレて、下地の葺き土や木材が見えている状態です。

屋根が急勾配で、下地の葺き土は粘着力が無くなったので下へずれたのですね。

 

2018710193618.JPG

壁に雨漏りのシミができています。

最近の地震や続いた雨でなかなかお伺いできないので、瓦の押し上げだけを行って雨漏りだけはしないように応急補

修を行いました。

 

熱中症に気を付けながら工事を進めていきます。

塀が崩れています

香芝市で塀瓦が崩れているとお聞きして、大工さんと一緒に見に行ってきました。

 

20187921588.JPG

燻し瓦を葺いている塀で、色々な場所で瓦が劣化しています。

 

201879215839.JPG

おそらく数年前から雨漏りしていて、下地木材が腐っていました。

そして最近の地震で瓦や下地の重さに耐えられなくなり崩れたのですね。

 

これだけ傷んでいると瓦工事だけではなくて、大工さん・左官屋さんと色々と協力しながらの工事が必要になります。

まずはお見積りをしてからになりますが、工事をお請けした場合8月の後半の着工になりそうです。

しばらくお待ちいただくことになりますが、ご了承をいただければと思います。

 

自己啓発のセミナーに参加してきました

今日は大阪市でセミナーに参加してきました。

自己啓発のセミナーで色々な驚きや気付きがあったので、受講して本当に良かったです。

 

20187821847.JPG

セミナーの先生と。

そして参加された皆さんも素晴らしい方々で、知り合うことができてさらに嬉しい!!

今日学んだことを日頃で使っていきます!

雨が降ってきたので現場を離れました

朝一番の雨雲レーダーを見ると奈良県はあまり降らないと判断して、まずは現場へ。

すると一時間もしないうちに雨がパラパラ・・・

そしてザーザー降りです・・・

 

20187721414.JPG

施工前の写真です。陶器シルバー瓦の約60枚ほどの差し替え工事を行います。

この瓦は雨に濡れると滑って仕事ができないので、ほんの少しだけ差し替えて現場を離れました。

 

最近の雨続きで工事が進んでいなくて、その分以前からお聞きしている工事が遅れますがご了承をお願い致します。