ホーム>屋根修理ブログ

屋根修理ブログ

最近は雲の流れをよく見ています。

今日もお問い合わせを頂いたお客様の所へ奈良県中を走っていました。

そして屋根の現状を見るたびに自然の力と怖さを実感しています。

 

夕方前に上牧町で屋根の点検と応急修理をしていると、遠くの空から黒い雲が広がってきています・・・

雨が降るかも?と思いながら何とか完工してお客様に挨拶後をして車を出すと

強い雨がザッと降ってきました。 ギリギリセーフです。

2018915225133.JPG

仕事柄、空をよく見ています。

変化に富んだ雲を見るのが好きなのですが、ずーと見ている時間はない雲行きで

この黒い雲が段々と迫ってきて、少し焦りながらも慎重に工事を進めていました。

雨が降ると工事ができません

台風21号が過ぎてから屋根工事日和で晴天!という日が少なくて、雨が多いですね。

そのような最近の天候ですが、安全に気を付けながら工事を進めています。

 

現場の方は職人さんに任せて、私はお問い合わせをいただいたお客様の家をグルグルとお伺いしています。

夕方には瓦が飛んで雨漏りしている香芝市の現場へ。

201891421331.JPG

屋根上に上がり現状を見て「どうやって応急補修しようか・・・」と、愕然としました。

しかも屋根上に上がったとたんに雨がパラパラ・・・

瓦は陶器和瓦(シルバー瓦)で雨に濡れると滑って思い切り危険です。

 

この状況だと雨漏りするのは十分に承知しているのですが、やはり安全第一。

屋根から降りて後日にお伺いすることにしました。

 

台風後の屋根上では今までに見たことがない状況ばかりで、戸惑うことが多くなかなか応急が進まないですが、以前か

らお聞きしている工事を行いながら応急修理を進めていきます。

 

台風の怖さを再確認しました

先日の台風で雨漏りしたお客様の所へお伺いしてきました。

201891201630.JPG

一階屋根の瓦が数枚割れたことで雨漏りしていました。

お客様からどのような状況だったのかをお聞きすると、台風で3件隣にあるカラーベストの瓦が飛んできてその瓦が

一階屋根にある燻し和瓦を割ったのこと。

 

割れた場所からそのカラーベストの屋根を見ても、間に2軒家があるので見えません。

でも確かにすぐ下に30cmぐらいのカラーベストの破片が転がっています・・・

お客様自身が雨養生のためにシートを被せてくれていましたが、下の部屋では雨漏りで傷んでいる状態です。

 

その30cmの破片を見た時に、改めて自然の力と危険性を感じました。

気持ちが穏やかになる瞬間です

今日は朝から雨。職人さんには雨の日以外はずっと出ていただいていたので、工事は休みにしました。

昼過ぎからは雨が止み晴れ間が出てきたので、以前からお聞きしていた屋根の現場打ち合わせにウロウロです。

 

先日の地震・台風・台風21号と連続した影響で、かなりの件数のお問い合わせを頂いています。

また、電話に出れなかったお客様もすごく多くなっており、大変ご迷惑をお掛けている状態です。

工事現場に出つつ打ち合わせにお伺いしているので、どうしてもお伺いできる件数が限られている状況をご理解いた

だければと思います。

 

夕方から天理市にある瓦工事組合で大事な会議があったのですが、その直前まで現場打ち合わせを行っていました。

2018910215321.JPG

屋根上から大阪の方を見ると夕焼けがどんどん綺麗になっていくので、屋根瓦の写真を撮りつつ空の写真もパチリと。

 

会議には少し遅れて参加して話を真剣に聞きつつも、部屋から外を見るとさっきよりも綺麗な夕焼けが見えています。

しまいには話を真剣に聞いているつもりで、外をずっと眺めていました。

その時の写真を撮りたくてウズウズしていたのですが、さすがに会議中。

それは我慢しました。

 

工事の段取りやお聞きしているお問い合わせの件数をどうやってこなしていこうか?

と最近は常に頭を悩ませていますが、そのような時でもやはり空を見ていると気持ちが穏やかになれたので良かったです。

 

雨雲レーダーばかりを見ています

午前中は雨が降らない(希望が入っています)と判断して、修繕工事に行ってきました。

現場に着くと遠くの方にある雲がすでに真っ暗です。

雨が降るかもと思っていると、すぐに強い雨が降ってきました・・・

 

職人さんと話をしていて、今日は一日粘ってこの工事を終わらすことにしました。

午前中は雨が降ったり止んだりでしたが、途中から曇り空になって良かったです。

201899221136.JPG

夕方の大阪から金剛山が見えました。来年の年始めにはまた登山する予定です。

高台の現場で周りが見渡せる良い景色でした。

 

台風の恐ろしさを感じました

先日の台風で大きな被害に合われたお客様の所へ行ってきました。

201898202355.JPG

棟瓦の多くが外れて、下に落下したり猛烈な強風でお隣の家の屋根に当たったりと、屋根上に上がった瞬間はその状

態に恐怖を感じました。

お隣にも棟瓦が飛んで瓦が数枚割れていたので、応急の雨養生と掃除を行いできるだけの補修を行いました。

 

台風から数日間、今まで経験したことのないお問い合わせの電話をいただいていますが、現場工事を行っていること

もあり、ほとんどお請けできていません。

今、屋根補修のお問い合わせをいただいた場合はお伺いできるのは今月末になり、本工事はおそらく来年の可能性が

あります。

なかなかお客様のご要望に応えることができない状態ですが、ご了承をいただければと考えます。

セミナーに行ってきました

昨日と今日の二日間、セミナーに参加するために大阪市内へ。

台風直後のセミナーで、この二日間は多くのお問い合わせ連絡が来ることがわかっていましたが、かなり以前から必

ず行こう!と決めていたので、お客様には申し訳なかったのですが勉強してきました。

 

20189622348.jpg

真ん中にいられるが講師の望月先生。

この二日間、電話に出ないという葛藤を感じながらでしたが、やはり気づきや学ぶことが多くて大切な二日間になりました。

連絡に出れなくて申し訳ありません

昨日の暴風雨から一転、今日は良い天気になりました。

私事ですが、今日(水曜日)の昼からと明日(木曜日)の朝から晩までは、以前から参加することを決めていたセミ

ナーに参加するので当社への連絡がこの二日間受けることができません。

このような災害後で誠に恐縮ですが、今後の会社と自分自身のためにどうしても必要な二日間です。

 

今週の金曜日からは通常の業務に戻ります。

ご了承をいただければと考えます。

電話に対応できない状態が続いて、申し訳ありません

今日の台風は予想していた以上の雨風で近畿圏に甚大な被害が出ています。

二時ごろからお問い合わせの電話が鳴り出して、今までに経験したことがないほどの電話をいただいています。

その時には現場打ち合わせや屋根上にあがっていたりと、全ての電話に対応できていない状態です。

 

201894212138.JPG

台風が過ぎた後の夕方の空です。

電話対応している中で、ふと空を見ていました。

 

明日と明後日の両日は朝から晩まで以前からお聞きしていた会議があり、電話の対応が全くできないと考えています。

今回の台風で被害に遭われたお客様には誠に申し訳ありませんが、ご了承をお願い致します。

必要最小限の工事。

大型台風が直撃する予報で、今日はできる限りの現場打ち合わせや養生で走りっ放しでした。

 

夕方から大阪の豊中市でいぜんからお聞きしていた現場です。

20189321449.JPG

以前の地震や台風で棟瓦が崩れています。こちらの家は現在空家なので気づいたのが遅かったようです。

屋根上に上がった瞬間に現状とご近所への危険さを感じました。

 

今後も入る予定もなくいつかは建替えを考えているので雨漏りしても良いのですが、瓦が落ちた時に近所の迷惑にな

ったら大変とのこと。

瓦が割れたりして雨漏りしている部分は工事を行わずに、外れている瓦を降ろしたり棟瓦が今以上に落ちないように

だけの補修を行いました。

このような補修は初めてでしたが、お客様の要望と私がお伺いして時間内に工事のできる範囲の応急補修です。

 

やはり、明日は大きな台風が直撃しそうですが、できるだけ穏便に通り過ぎてほしいですね。