ホーム>屋根修理ブログ

屋根修理ブログ

瓦善代表の自己紹介(YouTube動画)

こんにちは。

来週から雨マークばかりなので工事の段取りを組むのが難しくて、どうしようかと悩んでいる日々です。

 

現場周りを行いつつ、今後に向けての取り組みも行っています。

当社のホームページを新しくするのですが、その中に私の自己紹介動画(YouTube動画)を入れて、当社の事を少し

でも身近に感じてもらえるようにしました。

動画はこちらからどうぞ↓

https://youtu.be/Bf2SL8dTNDA 

 

新しいホームページにはその他にも色々な写真や情報を入れて、当社へお問い合わせをしやすく作っていきます。

2021513172615.JPG

このような写真を入れています。

(このトラックで現場打ち合わせに伺います!、という写真です)

瓦一枚を差し替えて雨漏りを止めました

こんにちは。

今日は大和郡山市で雨漏りの修理に行ってきました。

先日のブログにもお伝えしていましたが、築55年ほどの屋根瓦でこの一枚だけ劣化していました。

202142716378.JPG

施工前の割れている瓦です。

数カ所でひび割れして、瓦の表面も裏面も剥離していました。

以前お伺いした時に雨が入らないように応急修理をしていたので、今回は割れている瓦の差し替え工事になります。

 

2021427164032.JPG

瓦を取り外すと写真のように裏側も瓦の剥離があり、この一枚だけ特に傷んでいました。

雨漏りによって下地の葺き土も劣化していたので、葺き土も取り除きます。

 

2021427164421.JPG

葺き土の替わりに南蛮漆喰を入れます。

 

2021427164550.JPG

新しい瓦を差し換えて工事完了です。

これで雨漏りは止まります。

 

差し替えた瓦のすぐ上には瓦を何段も重ねている{陸棟}があり、ここも「面戸漆喰の塗り過ぎでいつかは雨漏りす

るかも…」と気になります。

以前に違う屋根業者(?)が面戸漆喰の工事を行ったのですが、既存の漆喰を取り除かずに新しい漆喰を塗っていま

す。

この漆喰を塗り過ぎて雨水を吸い込んで雨漏りする時がよくあるので、また雨漏りした時はお伺いします。

 

 

 

瓦一枚割れるだけで、かなり雨漏りします

こんにちは。

先日の急な雨で「雨漏りしてきた!」とお客様からお問い合わせがあり、大和郡山市のお客様の所へお伺いしてきま

した。

202147181430.JPG

築55年ほど経っているいぶし和瓦を葺いています。

雨漏りしている天井の部分を確認すると30cm四方ほどの大きなシミができています。

道路から屋根を見ると棟の下にある面戸漆喰が傷んでいるので「棟から雨漏りしているのかな」と考えながら屋根に

上がりました。

 

202147181934.JPG

すると、ちょうど天井のシミの上あたりで瓦が一枚割れていました!

棟も確かに怪しいですが、今回の雨漏りの原因は瓦の割れですね。

補修方法は{瓦の差し替え}だけで済みます。

 

お客様と打ち合わせが終わり、後日にお伺いして雨漏りを止めるようにします。

事務所の前にある桜が見頃です

こんにちは。

事務所の前にある桜並木が満開です。

202143173516.JPG

最近は天気が良く暖かくて、日中は花見の散歩をしている方が多いですね。

明日の天気予報は雨マーク、三週続けて日曜日の雨になりそうです。

平日は現場を続けて入ることが出来て日曜日は休み。工事の事を考えると良い流れです。

 

日曜日は春休みに入っている子ども達と外で思い切り遊びたいのですが、雨なのでどうしようかと悩み中です。

しかし、このような時期なので家でゆっくり過ごします。

天井と壁に大量の雨漏りの跡がありました

おはようございます。

この3月は地元ドッジボールクラブ6年生最後の大会があったり、小学校の卒業式(長男)があり、チームの6年生と

長男をずっと見ていた月になりました。

この一年悔しい気持ちや嬉しい気持ちを経験できて、色々な気持ちの変化を皆と共有できたと思っています。

チームの6年生がクラブを卒部するのは寂しいですが、今は次のステップに進むための大切な時期なのですね。

 

さて、現場の方ですが奈良市で雨漏りの修繕見積りをお聞きして現状の確認にお伺いしてきました。

チャイムを鳴らす前に玄関の表側にある壁を見ると二カ所の雨漏りによる筋跡があります。

20213218238.JPG

かなり大量の雨水が流れてきているなーと、この時点で予想できます。

お客様に雨漏りしている場所を確認して屋根上に上がります。

 

20213218657.JPG

すぐに雨漏りしている原因が確定できました。

屋根瓦は問題なく、雨樋が外れている事が大きな原因ですね。

 

20213218813.JPG

立樋の一部が外れています。

そのすぐ横に家の通し柱(一階から二階へ立っている一本の柱)があり、外れている樋からの水が通し柱を伝って一

階まで流れている状態でした。

この立樋は二階の大きな面の雨水が流れてきている場所なので、少しの雨でも大量に水が流れてきます。

 

202132182239.JPG

こちらが一階部屋の通し柱付近の雨漏りの跡です。

 

この状態では雨漏りする場所が一ヶ所だけではなく、他の場所でも雨漏りしていて早急に雨漏りを止める修繕が必要

になるのですが、すぐにお伺いできないのでお客様に相談して立樋の角度を変えて雨水が家の中に入らないように応

急修理を行いました。

工事内容は外れている立樋を元の状態に戻せば雨漏りはしっかりと止まります。

 

また後日にお伺いして本工事をさせていただきます。

二階屋根から一階の部屋まで雨漏りしていました

こんにちは。

3月に入ってだんだんと昼間は暖かくなってきて、一年の中でも屋根上で動きやすい季節になってきました。

 

三郷町で「雨漏りしている」とお聞きして、まずは現状確認にお伺いしてきました。

お客様から話を聞いていると、一階の天井に黒いシミができて、強い雨になるとその黒いシミの部分から雨水がポト

ポトと床まで落ちてくるようです。

漏れている場所を確認できたので、次は屋根に上がって状況確認と雨漏りしている原因を探していきます。

202133204622.JPG

築40年ほど経過している屋根で、カラーベストを葺いています。

 

一階の部屋のすぐ上に一階屋根があるのですが、その屋根は全く問題なかったので次は二階屋根を調べていきます。

二階屋根に上がると漏れている原因がすぐにわかりました。

202133204813.JPG

屋根の接点部分にある{谷}という所で谷板には銅板を使用しています。

その谷の中でも一番水が流れる谷芯部分に大きな亀裂が入っていました。写真のような亀裂があると、ここから雨水

がどんどん入っていきますね。

雨漏りしている原因は二階屋根にある谷からですが、その雨水が二階の部屋の壁を伝って一階の部屋まで流れている

状態です。

やはり谷から雨漏りする時は、大量の雨水が家の中へ入り込みますね。

 

点検にお伺いした翌日には雨が強く降る予報なので、このままではほっとけないので応急修理を行うことに。

この亀裂の上にコーキングをしっかりと塗り込んで雨水が入り込まないようにします。

この補修だけで雨漏りは止まるので、後日に屋根の補修にお伺いするまでは十分雨漏りから家を守ってくれます。

 

こちらの内容をYouTubeにもアップしました。

詳しくはこちらまで!

 https://youtu.be/2YCH-SGCw0c 

{屋根材の比較表}を作りました!

こんにちは。

 

数年前に屋根材の重さがわかる{重量の比較表}を体重計を使いながら作成しました。

この表を見ていただいている事が多いと聞いて、屋根に関して何か他の比較表を作れないかと考えていました。

そこで思いついたのが{屋根材の比較表}です。

 

当社が主に使用している、いぶし和瓦(日本瓦)・陶器平板瓦(洋風瓦)・板金材の3種類について作りました。

2021215172353.jpg

これが{いぶし和瓦}(日本瓦)です。

2021215172544.JPG

これが{陶器平板瓦}(洋風瓦)です。

202121517273.JPG

これが板金材(横葺きの板金材)です。

 

それぞれの特徴・重量・費用・耐久性・メリット・デメリットを、私が今まで屋根工事を通して現場で見て経験して

きた事を踏まえて、あくまでも私見ですが作りました。

 

屋根材の比較表はこちらです↓

202121517308.pdf

 

もちろん他の屋根屋さんにとっては違う中身になりますが、「屋根材ってどのようなものがあるのか?」・「屋根瓦

の葺き替え工事で使用する新しい瓦は、今の家ではどれが合うのか?」などのお客様の疑問や不安な部分を少しでも

解消できれば嬉しいです。

 

雨漏りの原因⇒銅板の穴開き

こんにちは。

昼間は暖かくて、もう春かな?と思うほどの天候でした。

明日も暖かくなるようですが来週は真冬の寒さに戻るようなので、しっかり寝て食べて、このような時期なので体調

管理は大事ですね。

 

今日から香芝市で雨漏りしている屋根の補修にお伺いしています。

202121218650.jpg

まずは雨漏りしている場所です。

軒先の化粧板が雨漏りで変色しています。

 

20212121889.jpg

雨漏りしている上には{谷(緑色の部分)}があり、谷に使用している銅板が全体的に劣化しています。

 

2021212181031.jpg

指を指している先の銅板に大きな穴が開いています。

瓦からこの銅板に水が当たるのですが、銅板の同じ場所(オレンジ色をしている場所)に水が落ちて、その水滴が銅

板を少しずつ薄くしていき、年月が経つと写真のように穴が開きます。

これだけ大きな穴だと大量の水が内側に入り込んで、下地木材などを痛めてしまいます。

 

補修方法は谷板周りの瓦を取り外して、傷んでいる銅板を取り除き、新しくステンレス製の谷板を取り付けます。

そして瓦を元の場所に戻していきます。

来週の月曜日は雨予報なので、間に合って良かったです。

 

さて、明日は長男が所属している小学生ドッジボールの大会があります。

奈良県のドッジボールチームが集まる、一年の中で一番大事な試合で、6年生の長男はこの県大会が最後です。

本人はもちろん、チームの皆が自分の力を出し切って、思い切り楽しんで欲しいです。

私も今からドキドキしています。

葺き替え工事が完工しました

こんにちは。

最近はYouTubeを始めから、現場での写真の撮り方や動画の撮り方で試行錯誤している日々です。

「今以上にわかり易くて見やすい情報をお伝えしたい!!」と思ったのが、これを始めたキッカケでした。

 

動画の中で私がナレーション(解説)をしているのですが、痛感するのが私の解説のたどたどしさ・・・

「これも回数をこなしていくうちに慣れてくるはず!」と信じて続けていきます。

 

今回の動画は先日から生駒市でお世話になっているお客様の家の屋根工事です。

屋根の葺き替え工事は完工しましたが、葺き替えしたから終わり、では無くこれからも何かの形でお付き合いできる

ような関係作りを今後も続けていきます。

202129182955.jpg

動画はこちらです

 https://youtu.be/pj9pxgKKCOg 

銅板に穴が開いて雨漏りしています

こんばんは。

今日は天気予報どおり明け方に雨が止んでくれて、朝からいつも通り工事を行う事ができました。

これだけ正確な天気予報だと工事の段取りを考え易いので、ありがたいです。

 

王寺町のお客様から「雨漏りしているから見に来て欲しい!」と連絡をいただき、現状確認にお伺いしてきました。

現状を確認すると

202122222911.JPG

銅板を使用している【谷】部分に大きな穴が開いていました。

これだけ大きな穴だと雨が降るたびに家の中へどんどん雨水が入っていきます。

実際の修理までに日にちがかかるので応急修理ですが、コーキングと防水下地材で穴を塞ぎました。

とりあえずはこれで安心です。

また後日にお伺いします。

 

谷部分から雨漏りする原因と補修方法についてYouTubeに載せました。

詳しくはこちらへ

https://youtu.be/dV9c1DH_WEs