いぶし和瓦の葺き替え工事

こんにちは。

今回は王寺町でお世話になりました屋根の葺き替え工事(全面リフォーム)の工程を送ります。

 

      

施工前、いぶし和瓦を葺いています。

瓦自体の寿命により数カ所で表面が剥離している部分がありました。

このような瓦が屋根全体に出てくると、瓦の差し替え補修や全面改修を検討するタイミングになります。

瓦の下には写真のように葺き土がしっかりと置いています。

この時は真夏の暑い時期なので職人はみんな空調服を着て工事を進めました。

こちらの屋根全体でトラック3台分(約6トン)ほどの葺き土が出たので、

この土が無くなるだけでも屋根にとって大きな軽量化になりますね。

瓦と葺き土、その下にある杉皮を取り除くと野地板があります。

瓦と葺き土の撤去中に野地板の隙間から土などがポトポトと天井裏に落ちるので、野地板の一部を取り外して屋根裏の掃除を行います。

傷んでいる野地板や化粧板は新しい木材で取り替えます。

既存の野地板は全体的に強度があったので、一部の木材補修のみを行いました。

既存の木材の上に防水下地材(ゴムアスファルト・ルーフィング)を取り付けます。

このルーフィングを取り付けると雨養生が行い易いのでひと安心です。

続きは後日にアップします!

 

 

 

奈良・大阪全域へお見積り、施工訪問中!!

屋根修理の見積もり比較、ご相談ください。適正価格、自社職人。

  • 電話番号: 0745-73-4445
    電話受付時間 8:00~20:00
  • お問い合わせ